渡辺直美さんが主演のドラマ【カンナさーん】4話が面白かったです。

その中で気になったのが斉藤由貴さんの焼き魚の食べ方きれいでしたよね。

やり方について調査したのでまとめてみますね。

広告

【カンナさーん】斉藤由貴の魚の食べ方がきれい

日本人だったら焼き魚が食卓に並ぶと思います。

無理やり食べようとすると、グチャグチャなって汚かったり、身がいっぱい残ったままとかもったい状況になったりしますよね。

【カンナさーん】の中でも斉藤由貴さんが演じる毒嫁がきれいに食べているのを見てどうやっているのか知りたくなります。

斉藤由貴さんのようなお母さんいたら楽なのでしょうがね(-_-;)

ですが、カンナさーんに対しての嫌味な態度って女性だけでなく男性視点からも嫌だなあと感じるのでできることなら一緒には住みたくはないかなあ

それに、最近浮気スキャンダルも騒がれていますし、ちょっと考えてしまうかもしれません。

広告

礼(要潤)もじいじ(遠山俊也)も取ってもらうんかい!

要潤もじいじも「お願いしまーす!」ってお皿を出していたのがちょっと情けなく思いますね。

やってくれる人がいたら楽でいいと思いますが、やってくれるのが当たり前になってしまうと人間落ち目になると思います。

やっぱり、自分でできることを増やしたいですし、きれいに食べられたらかっこいいですからね(^^)

焼き魚の上手な食べ方って覚えておきたいです!

焼き魚を上手に食べるやり方は?

  • 魚の中心に箸で切れ目を入れます。
  • 頭部側から中骨より上側の身を取っていきます。
  • 背びれの付け根のするどい小骨に注意して身を剥がしていきます。
  • 胸びれのつけ根の硬いところを持って手前に開き、残りの身を同じように手前に開く
  • 身についていいる骨は太い方から細い方に向かって剥がしていく
  • 左手で尻尾をつまみ、しっぽの付け根あたりで中骨の下に箸を入れて身と中骨を剥がします。
  • 頭のつけ根を箸で押さえながら中骨と頭を撮ります。
  • 背側から中心に向かって生えている硬い骨は、外側に向けて開くように外します。
  • 残った小骨を取り除きながら、はしで頭側から尾に向かって一口大に切ります。

焼き魚の上手な食べ方動画

まとめ

【カンナさーん】で斉藤由貴さんの魚の食べ方がきれいでしたよね。

息子も夫も斉藤由貴に頼りっきりっていうのもいいかもしれませんが、自分でやれることはなんとかしたいなあと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

広告