辞任した舛添要一さんが有吉ジャポンSPに出演されましたね。

放送中の貧乏アピール嘘くさいですしヤラセではないかと思います。

自業自得のような気もしますね。

広告

【舛添要一】辞任理由は?

政治資金の公私混同疑惑がきっかけで辞任したんですよね。

ロンドンやパリに海外出張日で20人分(5000万円相当)を使う。

週末に公用車で神奈川湯河原町の別荘に通う。

家族旅行の宿泊費や飲食を政治資金から支出していたなどありますね。

また、ヤフオクで購入牛田物が多すぎることもあり政治資金で遊んでいるようにしか思えなかったです。

 

公私混同で国民の税金が使われていたということで、不信任案が確実視されたことにより2016年6月15日に都知事辞職を提出し、都議会で受理されたことで6月21日に辞任となりましたね。

退職金が2200万円と言われていますし、年金だってもらえる年齢なわけですしお金に困っていそうにないと思うんですよね。

また、別荘だって売却するって言っていたのに都知事を辞めた途端に売却しないことも報道されていて呆れますよね。

広告

【舛添要一】辞任後が悲惨すぎる

8月17日に放送された「有吉ジャポンSP」で辞任から1年後の舛添さんの生活が放送されています。

どうやら、世間から姿を消してひっそりと暮らしているようで世田谷区内の1軒屋の地下室に本を読みながら引きこもって生活を送っているようですね。

地下室は、10畳ほどで本棚がぎっしりのようで100円のカップ麺で生活をしているようです。

また、収入についても月収11万円だけということでかなり貧相な生活のようですね。

内容だけで判断するなら、かなり厳しい生活だと思いますが退職金とか別荘とかの話を聞く分には貧乏だというのがウソくさいなあと思います。

 

【舛添要一】貧乏アピールはヤラセで嘘くさいし自業自得!

そもそも、政治資金を使っていいだけ遊んできた人なんだから自業自得なように思えます。

ですが、どうもおかしいですよね。

別荘だって自宅だってありますし美術品の所持だって噂されてされています。

68歳なんだし年金だって入るだろうし、11万円ってことはないんじゃないでしょうか?

普通の家なのに、地下室があるのも珍しいですしどんな一軒家なんでしょうね。

あくまでカップ麺は、貧乏アピールなのかもしれませんが毎日食べている人がおいしいという感想が出るとは思えないし、ヤラセくさいです。

まとめ

今回は、舛添さんの辞任後の生活について書いてみました。

都知事であった時も疑わしいことばかりだったので、今回の騒動もヤラセかもしれません。

今後も、メディアに登場するのかもしれませんがあまり出てほしくないかなあと思います。

広告