全国高校野球で仙台育英大阪桐蔭ラフプレーが話題になっていますね。

仙台育英の渡部夏史さんがファーストの足を蹴ったようですが故意ではないかと疑いがあります。

相手の中川卓也選手は、試合後車椅子で帰宅ということでかわいそうですよね。

広告

【仙台育英】渡部夏史のラフプレー動画

【仙台育英】渡部夏史のラフプレーは故意?

仙台育英の渡部夏史選手が、大阪桐蔭の中川卓也選手の足に左足が引っかかるような感じですよね。

おそらく、右足でベースを踏む癖がある人かもしれません。

仙台育英の足蹴り

ファーストに向かって駆け抜けることだけを考えていると思いますし、足を引っ掛けてしまった時も驚いた表情で自分も吹っ飛んでいってますもんね。

きっとただどんくさいだけなのかもしれませんし、相手の選手に誤っていたようですし、故意だとは考えられないかもしれません。

ですが、どうやら大阪桐蔭だけでなく日本文理戦でもラフプレーをしたのではないか疑いがあるようです。

仙台育英の足蹴り

【仙台育英】渡部夏史は日本文理戦でも蹴っていた?

大阪桐蔭だけでなく、日本文理戦でもファーストに足を引っ掛けていますね。

何回も引っ掛けているということは、蹴る癖があるのかもしれません。

仙台育英の足蹴り

同じようなことが起こると疑いたくはないですが、勝つために故意にやったのかなあとも感じますし、怖いですよね。

1回やってしまったら、気をつけるとは思いますし自分にも怪我のリスクがあるわけですからわざととは考えにくいです。

仙台育英の足蹴り

ですが、ちょっといやだなあと思ったのが、大阪桐蔭戦でサヨナラを決めた時にジャンピングホームインしたのも渡部選手だったんですよね。

【仙台育英】渡部夏史のジャンピングホームインが不快

接戦でしたし、うれしいのを表現するために両足でジャンピングホームインをしています。

もし自分でも、勝ったと思ったら同じことをするのかもしれません

仙台育英の足蹴り

 

他の選手だったらよかったのですが、ジャンピングホームインって僕としては相手への配慮がないように思えるんですよ。

フェアプレイが基本であると思うので、相手への敬意を払うことを考えると普通にホームインしてほしいですね。

広告

渡部選手のジャンピングホームイン動画

車椅子で帰宅がかわいそう!

蹴られた選手のベース踏み忘れで今回、セーフになり最後のヒットで逆転していますし、どうやら車椅子で帰宅していたそうです。

本人は、ベース踏み忘れについて自分悪いと攻めていますが、おそらくまた蹴られたくないと思って離してしまったのかもしれません。

となると、最後のジャンピングホームインを見た時になんともいやな感情が出てきてしまいますね。

試合中は興奮していると思うので痛みとかなかったと思いますが、痛みがでて車椅子で帰宅されたようです。

サヨナラの原因は、ファーストの足が離れてしまったのも足を伸びきれないほどの痛みだったのだと思いますね。

車椅子ということは、しばらく怪我で野球ができない状態なのかもしれませんし、かわいそうだなあと感じます。

2年生ということで、来年また甲子園に来てほしいですね。

 

まとめ

今回は、渡部選手のラフプレーが故意なのかについて書いてみました。

おそらく、故意ではないと思いますが同じ事があると少し疑いたくもなりますね。

相手選手も、怪我がひどくならなければいいですし心配ですね。

広告