大阪桐蔭との試合がで仙台育英渡部夏史が話題となりましたね。

どうやら、準々決勝で仙台育英対広陵の試合ではスタメンから外れていたようです。

スタメンから外れた理由はなんなのでしょうか?

広告

【準々決勝】仙台育英対広陵の結果は?

準々決勝となる仙台育英対広陵の試合なんですが、10対4で広陵が勝利となりましたね。

広陵にとっては、10年ぶりの4強進出ということで盛り上がっています。

また、広陵の中村奨成(しょうせい)選手なんですが、ドラフト1位候補とも言われていますし、清原選手の大会最多5本塁打まであと1本となっていますよね。

今回勝利ということでワクワクしますね。

 

【仙台育英】野球の神様は微笑まなかった

監督のツイッターで”故意に脚を蹴る人がいるチームに野球の神様は微笑まないと思う”というツイートがありましたね。

現在、アカウントは削除されたようで見れないのですが、神様によって天罰が下ったのではないかと言われています。

ですが、ベスト8まで行くような学校ですし全部が全部故意というは考えられない気がしますね。

実力がないとベスト8までこれなかっただろうし、練習量も多くないと来れないと思います。

仙台育英については、過去に根性焼き事件火事場泥棒事件などありますし、あまりプラスのイメージがないのでこれでまたイメージダウンしてしまうと思います。

広陵との試合では、渡部選手がスタメンに選ばれなかったのですがどうしてでしょうかね?

【仙台育英】渡部夏史がスタメンから外れた理由は?

故意に蹴ったわけではないといっていますが、SNSへの閉鎖やネットの炎上から蹴った状況に対して「それについてはあまり…」と触れられたくないようです。

動画を見た感じですと、故意なのかどうか判断しづらいですし、今までの練習で何度もファーストに走り抜けてきたはずですよね。

今回外されたのは、SNSの閉鎖ということでかなり精神にダメージが来たのではないかと考えられますし、かなりトラウマになっているのではないかと思います。

監督のアカウントも8月20日になってなくなっていることに驚きましたね。

ですが、相手の選手の怪我って相当ひどかったようでアキレス腱を損傷するほどだったようです。

広告

蹴られた生徒の怪我は?アキレス腱損傷

タンカで運ばれ、試合後に車椅子で病院に搬送されたようでアキレス腱損傷の怪我だったようです。

ボールを受けるために、1塁ベースに脚を伸ばしていた状態で蹴られたわけですし相当痛かったと思います。

最後のサヨナラで踏めなかったのも相手を攻めずに自分のミスであると言ったことがかっこいいですし、復活して来年リベンジしてほしいですよね。

どうやら、アキレス腱断裂だと復帰に最低でも2~3ヶ月ほどかかるようです。

まだ2年生ということで来年が残されているとはいえ、かなりの痛手になると思いますが復帰できることを祈っています。

 

まとめ

今回は、渡部夏史選手がスタメンから外れた理由について書いてみました。

相手の選手の怪我も心配ですが、渡部選手の精神状態も心配ですね。

故意にやったわけじゃないようですが、真相がわかなないため続報を待ちたいです。

広告