プロレスラーの高山善廣さんが試合中に頸髄損傷を起こしてしまったようです。

試合中の怪我ということですが、原因が回転エビ固めの失敗だそうですね。

植物状態なようですが、会話引退についても気になります。

広告

高山善廣のプロフィール

名前:高山善廣(たかやまよしひろ)

生年月日:1966年9月19日(50歳)

身長:196cm

体重:125kg

出身:という京都墨田区

高山善廣が試合中に頚椎損傷!

2017年5月4日に行われたDDT豊中大会の試合中に頸髄を痛めてしまったようです。

現在は、首からしたの感覚がなく心臓停止のトラブルもあったようですね。

リハビリを続けているということですが、回復の見込みがないとまで言われていますし、復帰が絶望的だと言われています。

 

高山善廣はの怪我の原因は?回転エビ固め失敗?

年齢が50歳ということもあるとは思いますが、首から下が動かなくなるということは相当強く痛めたことになります。

どうやら、高山さんが回転エビ固めという技を披露した時に失敗したことで首から落ちてしまったことが原因のようですね。

回転エビ固めは、相手のバックを取りながら回転しうつ伏せにひっくり返す技なのですが、首からまっさかさまに落ちてしまったようです。

体重が125kgということや回転した遠心力もあって相当強い負担がかかったのでしょうし、怖いですよね。

回転エビ固めの動画

高山善廣は引退?植物状態で会話は?

現在リハビリ中ということですが、医師からはかなり絶望的だと言われています。

50歳で亡くなってしまうプロレスラーもいるということですし、生きていただけでも奇跡かもしれません。

2009年に三沢光晴(当時46歳)が試合中にバックドロップを受けて死亡したこともありますし、危険と隣り合わせなんですよね。

怪我の中でも、体が動かなくなってしまったということでそのまま引退してしまうのでしょう(T_T)

どうやら、会話ができるようですし植物人間というわけではないようですが、回復したとしても車椅子生活でしょうね。

広告

高山善廣の記者会見動画

まとめ

今回は、高山善廣さんの怪我について書いてみました。

プロレスラーは、怪我がつきものですが今後の活動についても気になりますね。

復帰は難しいと思いますが、リハビリを頑張って欲しいですね。

広告