3月18日に神山健治監督の「ひるね姫」が上映されます。
予告動画やCMが公開されて、面白そうな作品なのですが、去年大ヒットした「君の名は」に似ているのではないかという疑惑があるそうですね。
今回は、その真相と作品についてまとめてみます。

広告

ひるね姫のストーリー

2020年の東京オリンピックが開催される数日前を舞台にしています。主人公の女子高生・森川ココネは昼寝ばかりしているグータラなのですが、不思議なことにいつも同じ夢ばかりを見るのだそうです。

ある日突然、父親が逮捕されるという自体に陥り、父が東京に連行されてしまうんですね。ココネはなぜ逮捕されたのか突き止めるために東京に向かうのですがその過程で眠りにつくと知られざる両親の秘密が明らかになっていくというストーリーです。

ひるね姫

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

ひるね姫のキャスト

高畑充希:森川ココネ・エンシェン
満島真之介:佐渡モリオ
古田新太:渡辺一郎・ベワン
釘宮理恵:ジョイ
高木渉佐渡:ウッキー

ひるね姫

ひるね姫の監督

神山健治

「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」などで有名な監督です。

攻殻機動隊

攻殻機動隊はハリウッドで実写化されていますし、作品自体もアンドロイドといか電脳世界の感じがかっこいですし、登場するキャラクターのデザインがいいですよね。

また、東のエデンも拝見したことがあるのですが、こちらの作品も近未来を想像させる映像や主人公が使っているガジェットが見ている側を楽しませてくれて引き込まれるんですよね。ストーリーも抜群に面白いのでおすすめです。

広告

「君の名は」に似てる?

まず、作品の絵の感じがそっくりというか、青い背景をバックに女子高生と男子高校生がいることや光のぼかし方とかが似ていますね。

ひるね姫
それから、主人公の制服に注目するとなんだか同じっぽいですよね。作品も昼寝をテーマにされているのですが、「君の名は」でも寝て起きると魂が入れ替わっているという点とひるね姫の昼寝カギとなっているのでかなり共通点が多いなあと思いますね。

ひるね姫

ベイマックス似のロボットとは

どうやらこの世界ではエンシェンと呼ばれる夢の中のココネを守るロボットが存在するらしく名前を「ハーツ」というそうですね。

ひるね姫
作品の予告でも舞台あいさつでもその姿を披露していますが、ガッツリベイマックスですね。神山作品の攻殻機動隊の中に登場するタチコマの要素も少し取り入れている感じがしますし、「タチコマックス」といったところでしょうかね(^^)

>攻殻機動隊S.A.C. タチコマなヒビ STAND ALONE COMPLEX4巻【電子書籍】[ 山本マサユキ ]

 

ひるね姫の主題歌は

デイ・ドリーム・ビリーバーです。

作詞・作曲:john Stewart
組曲:下村陽子
歌:森川ココネ高畑充希

高畑充希の歌声がすごくいいですよね!

原曲もいいですが、作品のキャラクターが歌うと感情移入できますし、聴いた感じだと映画館でボクなら号泣ですね。ですがこの曲って、どこか聞き覚えがあるなあと思うんですよ。

使われていたCM

聞き覚えがあるなあと気になり調べたところセブンイレブンのCMでも使われていた曲だったのですね。

確かにこのCMみたことあったなあと思い出しました!

まとめ:ひるね姫

今回は、近日公開されるひるね姫についてまとめてみました。
神山さんの作品って、冒頭からインパクトがあるシーンが多く、引き込まれるので、今回の作品もヒットの予感がしますし面白いのだと思います。是非劇場で見たいと思います。

広告