綾野剛さんが主演のドラマ「コウノドリ」の続編が始まりますよね。

ですが、医療用語って難しすぎますし原作ならではの言い回しもあって意味がわからない単語も出てきます。

今回は、難しい用語についての意味を調べてまとめてみます。

広告

【コウノドリ】医療用語が難しい!意味は?

医療用語って難しいですよね。

横文字だったらすぐにはわかりませんし、聞きなれない単語も飛び交います。

医療現場では一二を争う切迫した状況だと思うので単語の意味をわからないと大変ですよね。

一般人の僕なんかは調べながらじゃないと対応しきれないし、ドラマの内容が入ってこないとあっという間にストーリーに置いてきぼりを食らってしまいます(T_T)

そこで、原作から単語の意味を調べてみたのでまとめてみますね。

広告

【ギネ】

産科医(さんかい)のことで、妊婦を対象に妊娠、分娩を扱う医学の分野のことです。

【カイザー】

帝王切開(ていおうせっかい)のことですね。

子宮を切開することで退治を取り出す手術方法です。

カイザーの他に「C-section」などとも呼ばれたりしますね。

【塞栓(そくせん)】

血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう)といい、血管内に血の塊ができてしまう症状のことで、意外にも妊婦さんに多く起こる病気です。

原因としては、心臓から血液を循環がスムーズにいかなくなるために血液が固まりやすくなるからです。妊婦さんについては、下半身への圧迫や体のすみずみに血液を送る時間がかかってしまうためでエコノミー症候群と同じ状態になるからですね。

【エヌ】

NICUのことで新生児集中治療室(しんせいじしゅうちゅうちりょうしつ)ですね。

生まれた時に、病気にかかったり早産で小さい赤ちゃんに保育や人工呼吸器などの治療やサポートが必要となる赤ちゃんの入院場所のことです。 

【多臓器障害(たぞうきしょうがい)】

MODSとも呼ばれ、重要な臓器が同時または連続的に不全状態になることです。

心臓、脳、肺、肝臓、腸、腎、血管の内2つ以上が同時に傷害になった状態です。

【オンコール】

コウノドリでは、サクラが病院からの呼び出しを食らった時に使われます。

【淋病(りんびょう)】

淋菌感染症(りんきんかんせんしょう)といい、男性の感染者が多い性感染症です。

主に性交渉で感染するのですが、女性が感染した場合は自覚症状がほとんど出ないケースが多いです。

淋病を放置していると、卵管や卵巣などの子宮付近が炎症が起きてしまい、うまく受精卵が異動できないため、子宮外妊娠や不妊症の原因にもつながります。

【臍帯(さいたい)】

へその緒のことで退治と胎盤をつなぐ白い管のことですね。

母体からは養分や酸素を胎児に送り、胎児からは老廃物や二酸化炭素などを送り出します。

【経膣分娩(けいちつぶんべん)】

赤ちゃんが産道を通り、膣から生まれることです。

お腹を切って子宮から取り出す方法が帝王切開です。

【ソーシャルワーカー】

社会奉仕家のことで、生活が困っている人や不安を抱えている人、社会的に疎外されている人を問題解決したり援助を提供する職業のことです。

【切迫流産(せっぱくりゅうざん)】

流産してしまったのではなく、流産する恐れがある状態のことを指します。

妊娠22週未満に妊娠が終わり赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいますが、22週未満で退治が子宮内に残っているが、流産しかけている状態です。

【完全流産】

子宮内の物が全て流れてしまうことです。

羊水が完全になくなってしまうことや大量に出血などで強い下腹部の痛みが生じることがあります。

【死産】

妊娠12週以降に死亡した胎児を出産することを定義されています。

役所に死産届けを出す義務が生じます。

お腹の中で退治が亡くなってしまうことを言い、出生後7日未満で亡くなってしまうことを「早期新生児死亡」とされて死産とは分けられます。

【破水(はすい)】

赤ちゃんを包んでいる卵膜が敗れて、中の羊水が流れでる状態を破水といいます。

陣痛が始まる前に起こる「前期破水」と分娩開始後の正常な適時破水があります。

また、低位破水と高位破水という2つもあり、赤ちゃんの出口付近が敗れることを低位破水、子宮口から離れた子宮より高い位置で破れた場合を高位破水といいます。

【無脳症(むのうしょう)】

アネンスファリとも呼ばれ、赤ちゃんが生まれながらに脳を持たない症状です。

原因はわかっておらず、1000人に1人の割合で発症するようです。

【早剥(そうはく)】

常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)で、妊娠中に胎盤が赤ちゃんの娩出より早く剥がれることです。

部分的に剥がれるものや完全に剥がれてしまうものまであります。

【前置胎盤(ぜんちたいばん)】

胎盤が子宮口を一部または全部塞いでしまう状態です。

出産に影響があり、母子ともに生命の危険が伴うため一般的に帝王切開での分娩が行われます。

【全摘(ぜんてき)】

器官あるいは、一部分の組織を全部摘出することを意味します。

ドラマ内では、子宮を全て摘出する子宮全摘出術として使われています。

作者の裏話が面白い

作者の鈴ノ木ユウさんは、コウノドリを描くためにりんくう医療センターで分娩台に座り妊婦の気持ちに近づけるように取材したようです。

また、一度ミュージシャンを志したこともあり、コウノドリではサクラをピアニストとしても描いたのかもしれませんね。

音楽系の熱血連載漫画「おれ達のメロディ」でミュージシャンとして活躍していたころの曲を載せていましたがかなり名曲だと思います(^^)

鈴ノ木ユウの歌動画

まとめ

今回は、ドラマ「コウノドリ」で使われている医療用語についてまとめてみました。

ドラマを見ててもなんて意味だっけとなるかもしれませんよね。

難しかったり略語だったりするとチンプンカンプンなので参考にして見てくださいね。

また、作者の裏話も面白かったのでちょっと紹介しておきますね。

コウノドリの赤ちゃんについての記事はこちら

コウノドリの赤ちゃんについての記事はこちら

広告