に入ると急に冷え込み風邪かなあと思う時がありますよね。

でもがしばらく続き止まらないことがあります。

原因はアレルギーなのか?喘息なのか?気になりますよね。

治療方法予防方法について調べてみます。

広告

秋に咳が止まらない原因は?対策方法や予防方法は?

秋になり寒くなると体調を崩す方が多いと思います。

熱はないだろうけど、なんだか喉がイガイガするし休んでれば治ると思うのですが、数日たっても咳だけが止まらない!

なぜだろう?

おそろく、風邪ではなくほかの病気かもしれません。

咳が止まらないということは、ホコリやダニ、花粉などによるアレルギーかもしれませんが、喘息(ぜんそく)の疑いもありますね。

風邪を引いたときと違い、息を吸ったら喉に異変がある場合は喘息も疑った方がいいかもしれませんね。

咳の原因1:アレルギー(ダニ)

咳の理由としてアレルギーが考えられますね。

鼻炎持ちの場合ですと、ダニアレルギーやハウスダストなどが挙げられます。

ダニが生息している場所なんですが、布団が多いですね。

人間が睡眠しているときにかく汗の量って200ccでコップ1杯分と言われています。

特にダニや垢にとっては、湿度ってご褒美のようなものなので除湿機や扇風機をかけることで効果があるようですよ。

また、ダニは高温が苦手のため、天日干しが有効のように感じますが、実は表面温度ってそれほど上がらなあったり布団の奥に入り込んでしまうということから有効ではないと言えなくなっています。

ですが、布団をビニール袋に入れて両面1時間ごとに天日干しをすると効果があるようでし、天気の良い日に日当たりの良いところに車を停めて3時間ほど入れておくのも効果的なようです。

広告

咳の原因2:アレルギー(ホコリ)

ハウスダストアレルギーとも言われ、部屋の掃除をしているときにちったりして咳が止まらなくなります。

ホコリって、部屋の隅に灰色の綿のような塊になっていたり、太陽に照らされるとふわふわと待っている綿のようなものです。

ホコリの主な成分は、布団や服の繊維や食べかす、髪の毛、土砂、フケなどなんですよね。

中には、ダニや花粉など見えない成分も隠れているのでハウスダストだったらダニや花粉症の疑いもあります。

対策としては、毎日掃除したり空気清浄機を利用するのがおすすめですね。

ただ、加湿器を使ってしまうと蒸気とホコリが空気中に漂ってしまい喘息を発生しやすくさせてしまうようです。

また、加湿することで窓が結露し窓近辺にカビを発生させてしまうので空気清浄機だけを使用するほうが効果があります。

咳の原因3:アレルギー(花粉)

秋の咳に関係するのが、花粉症です。

花粉症って、春のスギ花粉症だけかと思いきや秋にもブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど8月から10月にかけて花粉を飛散させるシーズンを迎えるんですよね。

主に、鼻がむずがゆかったりくしゃみや鼻水などが止まらないということもありますし、スギ花粉症の患者の70%も発症しているようです。

医療機関に行くと、血液検査で1000円から4000円くらいで受けることが可能ですし、花粉症やネコとか動物なども見てくれるんですよね。

僕も花粉症持ちのため、耳鼻科に通院して薬を処方してもらったりマスクうがい手洗い目の洗浄などで対策をしています。

点鼻薬や目薬があると症状も抑えられてらくなので病院を受診されることをおすすめします。

咳の原因4:喫煙

日常的に毎日喫煙されていると、気管支に炎症が起こりやすくなります。

咳が出るのは、防衛本能といわれていて空気中の有害な物質を体外に出そうという働きで生じます。

気管支が炎症を起こしているために湿った咳となるのですが痰が出にくくもなります。

タバコの煙により肺機能が低下してしまい、酸素をうまく取り込めなくなることから常に山の上にいるかのような低酸素状態となるため普通の呼吸をしても息苦しい状態になってしまいます。

最終的には、酸素マスクを使用しないと生活できないなんてことにもなりますし、月に8万円もかかったり家族にも迷惑がかかってしまいますね。

咳の原因5:喘息

もし、風邪っぽいなあと思い薬を飲んでも咳が長続きするようであれば喘息を疑ったほうがいいですね。

大体2週間以上も続くと言われていて、息を吸ったときに喉とか肺のあたりが痒いようなゼイゼイした感じの違和感を感じたら疑いましょう。

喘息は、季節の変わり目や夜から朝にかけての温度変化、疲れやストレスなどにより喉の気道が敏感となることから強い刺激(ホコリ、タバコ、線香、強い臭い)に触れると起きる傾向にあります。

発症した場合は、医師から吸入薬を処方してもらったり水分を多く摂るといいようですね。

 

ただし、冷たい水や炭酸は禁物で温かい紅茶がおすすめです。

紅茶には、気管支を広げる効果があり発作が軽くなる方が多いですね。

喘息のときには、固くてブニョブニョした痰が多く出るのですが体外に出してあげることによって症状が和らぐので痰を吐き出すようにした方がいいです。

また、部屋を清潔にしマスクをつけて外出したり夜遊びや体への負担の少ない服装を心がけるといいですね。

まとめ

今回は、秋に咳が止まらない原因と対策方法について書いてみました。

季節の変わり目は、気温の変化でストレスになったり体を壊してしまいますね。

部屋の掃除やマスクなどで対策したり通院することで改善できると思うので、

ぜひ参考にしていただけたらと思います。

広告