車のヘッドライトって、気づいたら切れていますよね。

いちいち、ディーラーやお店に持っていてもいいのですが、毎回だと値段がもったいないような気がするなあと思い、自分で交換してみました。

また、車検に通るLEDヘッドライトについてもまとめてみます。

広告

ヘッドライトバルブ交換のお店での費用は?

夜走行中に、ライトが暗いなあと思ったり、信号で停止して前の車に映る光が弱いなあと思うときありますよね。

そんな時はたいてい、ヘッドライトが切れているのが原因です。

ヘッドライトが切れた場合は、お店に持っていくと思いますよね。

バルブ自体の値段は、年式によって異なりますが、だいたいディーラーとかイエローハットさんとかだと純正品500円から1000円くらいになると思います

また、工賃も500円から3500円もかかるとなると最低でも1000円で4000円かかるものもありますね。

 

ということは、よほどじゃない限り2000円くらいかかると思ってもいいかもしれません。

僕の場合は、以前交換した際は2000円(工賃1500円)だったと思います。

だったら、2000円で良い物を購入して自分で交換したほうがいいんじゃないかと思ったのでやり方を調べたところ、結構簡単なんですよね。

【簡単】車のヘッドライト交換は自分でできる?

ヘッドライトが切れたからディーラーとかでなくても自分で交換することができます。

作業時間も10分もあれば、お釣りがくる感じだと思いますね。

値段については、材料費だけなのでピンきりですが始めてということで安くて評判が良い物を選んでいます。

値段はちなみに1100円のハロゲンです。

広告

ヘッドライトの種類は?

ヘッドライトには、明るさや電力消費が少ない、値段が安いものなどあるのですが大きくわけるとハロゲンHIDLEDと3種類に別れます。

ハロゲンライトは、電球タイプのもので電球内のハロゲンガスを封入してフィラメントを発光させる価格の安い一般的に使われているライトです。

 

HIDは、狭い電極間でアーク放電と呼ばれる発光を用いており、光量や寿命がハロゲンの3倍以上のライトです。

LEDは、小さいチップが発光し消費電力が低い特徴を持っていて一般家庭でも普及しているライトです。

ハロゲンライトは、値段が1000円くらいで安いのですが寿命が短いんですよね。

 

HIDやLEDは、ハロゲンに比べ明るいし寿命も長いのですが5000円から10000円くらいするものが多いです。

HIDについては、車種によって加工が必要だったりしてすんなりつけることができないので注意が必要なんですよね。

まあ、値段をかけられるのであればHIDがおすすめなのですが、お金をかけなくないという場合はLEDやハロゲンでいいのかと思います。

ヘッドライトバルブの種類は?

ヘッドライトを交換する際には、バルブの種類を調べる必要があります。

車検証や車の説明書に書いてあるのですが「H1、H3、H3a、H3C、H3d、H4、H7、H8、H11、HB3、HB4」などをお店やネット上のバルブ適合表から探す必要があります

僕の場合は、「H7」だったため「H7」のハロゲンライトを購入しています。

バルブ適合表の参考サイト

バルブ適合表の参考サイト

車検に通るLEDヘッドライトは?

今回は、初回ということでハロゲンライトを購入したわけですが、ネットで調査しているとLEDライトもいいなあと感じます。

お家でも使用して長持ちするというイメージだったのでしばらく交換しなくて良さそうですよね。

バルブの形状を見ると同じですから、取り付け方も同じですし値段がきになりますよね。

通販サイトで見ると、800円とか1000円とか安いものがでてくるためハロゲンよりいいじゃんと思ってしまいます。

ですが、安いものだと車検は通らないようですね。

LEDライトについては、車検が通るというような記載またはPIAA(ピア)という表記されているものが車検に対応しているようです。

PIAAは、LEDやHIDの他にワイパーやアルミホイールなども取り扱っているメーカーです。

ネットでPIAAのLEDで調べると最安値が5600円からなのでハロゲンライトより高いため、次回交換時に試そうと思います(^^)

【簡単】車のヘッドライトの交換方法は?

自分でやるとなると壊しそうだなあと思いますが、そんなにハードルが高くないと思いますし、家の電球を交換するのと同じくらいかと思いますね。

交換の仕方1:車のボンネットを開ける

運転席のハンドルの下のあたりに、レバーがあるのでひっぱりボンネットを開けます。

交換の仕方2:ヘッドライトのキャップを開ける

ボンネっト内でヘッドライトすぐ裏にあるキャップを回してキャップを開けます。

キャップには、コードがつながっているため、キャップはそのままぶら下げておきます。

交換の仕方3:バルブを固定しているピンを外す

ヘッドライトのバルブを固定しているピンを外します。

押し込むようにすると外れるはずです。

交換の仕方4:バルブからコードを外して電球を交換

電源コードを抜いて新しいバルブに電源コードをさし直します。

あとは、ピンとキャップを戻して交換終了です。

【簡単】車のヘッドライト交換動画

わかりにくいと思うので、参考になる動画をご紹介します。

まとめ

今回は、ヘッドライトの交換方法について書いてみました。

やり方も案外簡単ですし、お店に持っていく手間がなくなるのがいいですよね。

ただ、整備士さん的には持ち込んでいほしいかもしれません^^;

ぜひ参考にしてみてくださいね。

広告