モニタリング藤光謙司さんが出演されていましたね。

おじいちゃん役として陸上競技に登場し、圧倒的な速さで抜き去るのがウケますね。

それにしてもイケメンですし、陸上界のもこみちとも言われています。

過去に足切断の危機があったということですが、どういうことなのでしょうか?

広告

【モニタリング】おじいちゃんイケメンアスリートの正体は?

2017年10月19日に放送のモニタリングで陸上競技場に現れたおじいちゃんがしましたよね。

もしもおじいちゃんがアスリートだったらという企画で登場した選手がものすごく早いというギャップが笑い転げるところでした(^^)

おじいちゃんのメイクをして走ったのが、日本の短距離走やハードルのトップアスリートの藤光謙司さんだったんですよね。

ホリの深い顔の方でイケメンですよね。

どうやら、陸上界のもこみちを言われているようですが、納得です。

 

モニタリング動画

 

藤光謙司のプロフィール

名前:藤光謙司(ふじみつけんじ)

生年月日:1986年5月1日

出身:埼玉県浦和市

中学:三室中学校

高校:市立浦和高校

大学:日本大学

種目:短距離走

所属:ゼンリン

 

小学生のころは、浦和市に生まれたということでサッカーをしていたのですが友達に誘われたことがきっかけで陸上をするようになります。

2017年行われた男子400メートルリレーでは、38秒04という記録で銅メダルを獲得していますね。

1走:多田修平、2走:飯塚翔太、3走:桐生祥秀、4走:藤光謙司でアンカーを務めています。

藤光謙司さんはハーフ?

ホリの深い顔をされていたので、ハーフの方なのかを調査したところ家族は日本人のようです。

父親が福岡出身で、母親がホリの濃い顔をされているということで母親に似たのかもしれませんね。

母親が日本人なのか調べたところ、佳子(けいこ)さんという名前だけの情報からだと日本人ということしか思いませんね。

広告

藤光謙司の脚切断の危機とは?

短距離リレーで銅メダルを獲得するほどの俊足のため、足の故障とかもするのだろうと思います。

でも、脚切断って相当何か事件があったのかもしれませんよね。

実は、2015年8月に行われた世界選手権で股関節を痛めてしまったようです。

痛めてしまった時は、準決勝にまで進んでいたのですが進んでいたのでショックだったのだろうなあと感じますね。

ただ、走っていて無くしてしまったというわけでなく、怪我の痛みにだったので一安心ですよね。

モニタリングでもかなりの俊足でしたし、怪我をしただなんて信じられませんね!

まとめ

今回は、モニタリングに出演されていた藤光謙司さんについて書いてみました。

おじいちゃんの演技もうまかったですが、最後のギャップがウケますよね。

並走していた女性も驚いていましたし、自分だったら爆笑していたかもしれません。

広告