2017年の年末に映画にもなったカイジのバラエティ化もされますね。

原作では、人生を逆転させる企画になるのですが賞金も気になりますね。

もしかしたら賞金が上がるのかもしれないですし、優勝者が誰になるんでしょうかね?

もしかしたら、年末ということもあり映画カイジの藤原竜也さんも出演なんてこともありえるかもしれません。

広告

【年末カイジ】が楽しみ

年末にカイジのスペシャル番組が放送されますね。

福本ファンの僕もざわざわしながらテレビに釘付けになるだろうと思いますし、参加される方も気になります。

参加する資格は、20歳以上で芸能人でなくてもいいらしいのですが、一般参加もできそうですよね。

といっても、あまりにも映しちゃいけないような方は視聴率の関係もあるだろうし小奇麗で清潔感のある方を選別させるだろうなあって思いますし、芸能人とか若手お笑い芸人が主に出演されるんじゃないかと思います。

水曜日のダウンタウンの藤井健太郎さんが企画を立てているということですし、絶対面白くなりそうですよね。

年末カイジの公式サイトはこちら

年末カイジの公式サイト

 

【年末カイジ】ゲームの内容は?

気になるゲームなんですが、原作カイジと違って、リスクがゼロで負債を背負ったり体にダメージがなく、勝ち残った1人が賞金200万円(予定)をゲットということです。

どんなゲームをするのか気になりますし、リスクゼロということは危険なことがないってことなんでしょうね。

原作では命がけで1000万円を獲得しに行きますし、利根川に「金は命より重い」って説教されながら懸命に頑張るのが見どころです。

予定やゲーム内容が決まってないことが多いですが、カイジの企画ということで原作に沿った安全を確保できるゲームになると思いますね。

原作では、Eカード、チンチロ、鉄骨渡り、救出、麻雀、限定ジャンケン、沼(パチンコ)がありますね。

映画でも再現された、Eカードや鉄骨渡り、限定ジャンケンが年末で流しても大丈夫そうですし、見ていても面白いしわかりやすいですよね。

チンチロやマージャンや沼は、リアルにあるギャンブルですし年末の特番で使用するとは考えにくいです。

ゲームも1つとは言っていませんし、3つのゲームで篩いにかけるんじゃないかなあと思っています。

最後にEカードで決着というところじゃないでしょうかね

ただ、勝ち残った1人が賞金獲得といっても、カイジの中でもあったのですが仲間を作ってどちらが勝ち上がっても賞金を山分けするなんてこともあると思うですよね。

まあ、参加した段階で組んでいたりするのも考えられますし、参加にも審査がされる可能性もあると思います。

広告

【年末カイジ】賞金は上がる?

賞金については、200万円(予定)となっていますが、あくまで予定なんですよね。

人生を掛けるんですから、200万円ではちょっと少ないような気がします。

ネット番組でも、亀田に勝ったら1000万円という企画もありましたし、1000万円まで上がるように思えます。

やはりインパクトが大事だと思いますし、俄然必死になりますよね。

今の段階では、参加者の人数や注目度を見極めての出せる予算が200万円なのでしょうし、企画が話題となれば賞金も上がっていくはずです(^^)

もしかしたら、芸能人からも参加されるかたもいるかもしれませんね。

【年末カイジ】優勝者予想は?藤原竜也?

優勝される方は、きっと大金を持って番組を去ることになるでしょうね。

一般の参加者の方にも可能性がありますが、頭がよく必死で運動神経がいい方が優勝すると思います。

ただ、優勝してほしいとしたら、藤原竜也さんでしょうかね。

年末の特番ということで、ゲストして呼ばれてついでに参加しますか?ってなるんじゃないかと睨んでいます。

デスノートのキラでもありますし、MONSTERSという映画では人を操れる能力者でもありますから、最終兵器出しちゃったら簡単に勝っちゃうかもしれませんね。

個人的には、ゲーム開始の音頭を香川照之さんや伊勢谷友介さんのカイジの映画で出演された2人にやってもらえたら満足です(^^)

まとめ

今回は、映画カイジでのゲーム内容についてや優勝者予想について書いてみました。

原作が好きなので、番組は録画して保存すると思いますね。

新しい企画ですし、年末の恒例行事になったらうれしいですね(^^)

広告