北海道の札幌で11月6日にタクシードライバーに暴行したという事件がありましたね。

暴行した挙句に、降車してからもスマホをタクシーに投げつけたり最悪な人です。

どうやら、30代の弁護士の方だとわかりましたが顔の特定や画像がモザイクであるんですよね。

弁護士事務所は、赤レンガ法律事務所ではないかと噂されているので調査してみます。

広告

【北海道タクシー】暴行事件とは? 

札幌市中央区で、タクシー内で暴れ料金を払わずに立ち去った男がニュースになっています。

車内で暴れた際に、ドライバーを守るための防犯ボードを破壊したりドライバーの座席を何度も強く蹴るなどをしています。

どうやら、男は乗車時に「北3東7」までと指定したのですが1kmほど走行した際に「北3東5なんですけど?」とタクシーが道を間違えたというように言い、突然暴れだしたんですよね。

北3東7と北3東5は、歩いても4分で距離にすると300mなんです。

料金は、990円ですからまともに働いているなら払えない金額でもないですし、間違えたとしてもワンメーターくらいですから100円とかだと思いますね。

車内で残されたドライブレコーダーの映像を見る限りでは、明らかに男が言い間違えているようにも見えますし、聞き返しにくい雰囲気を出していますよね。

たった、数メートルですし通る道が違うというように暴れていますが、だいたい同じ方向ですし、タクシードライバーも気を利かせて混まないルートを選んだようです。

広告

【北海道タクシー】暴行事件の動画

男が乗車した場所はどこ?北3東5までの距離は?

どうやら男が乗車した場所は、札幌市の繁華街ということですがラウンドワンが見えたので、札幌すすきの店近辺ですね。

おそらく男は、グーグルマップで検索したルート通りの国道5号線を行くルートで行ってほしかったのでしょうね。

ただ、ドライバーが気を利かせて川沿いルートを選んでくれていたのをわからなかったのでしょう。

北3東7と北3東5の距離は近い?

距離について調べて見たのですが、本当にすぐですし間違えても別に歩いて行けばいいんじゃないかと感じる距離です。

ましてや、言い間違えたのだし近くにいっても全然歩いてつける距離だと思いますね。

スマホを投げる余裕ある方ですから、そんな990円で人生を棒に振るうなんて理解ができません。

一応ルートを出して起きますね。

【北海道タクシー】暴行事件の犯人は赤レンガ法律事務所の30代弁護士?

どうやら、続報によりますと、犯人は30代の弁護士の方のようです。

弁護士の人じゃなくても、こんな暴れて車内のものを破損させれば器物損壊罪などの罪になることくらいわかると思いますね。

弁護士=お金持ちというイメージですが、売れない弁護士ならそんなにお金持ちでもないらしいです。

990円も払えないし、ちょっとしたことで怒るような方ですから売れていない可能性が高いですし顔が特定されたとしたらますます売れないでしょうね。

どうやら、この事件後に赤レンガ法律事務所という法律事務所のホームページを観覧できなくなっているようです。

男はおそらく、タクシーを乗ったということで北3東5近辺に住んでいたのでしょうね。

赤レンガ法律事務所は、北3東5から約2kmの距離ですし通勤範囲って感じがします。

ですから、早く特定した方達からサイトに書き込みでも多数寄せられたのかもしれませんが、アクセス集中や特定される前にサイトを閉じたのでしょう。

僕が、弁護士を頼むとしたらこんな豊田真由子みたいな方に弁護してほしくないです。

タクシードライバーの方も嫌だったと思いますし、精神的なストレスを与えられた事件だったと思いますね。

 

赤レンガ法律事務所の住所や北3東5からのルートは?

住所:北海道札幌市 中央区南1条西5丁目14-1 札幌証券取引所ビル6階

電話番号:011-215-0480

まとめ

今回は、北海道のタクシー暴行事件について書いてみました。

男は、書類送検中というこですが、今後どうなるのか気になりますね。

アディーレといい弁護士も信用していいのか不安になっちゃいますね。

広告