大相撲で信じられない事件が起こりましたね。

日馬富士が、貴ノ岩関を暴行したという報道がされています。

引退の可能性や暴行の理由について調べていきますね。

また、日付を開けての報道だったため相撲協会の隠蔽工作があったのは本当なのかガセなのかも調べていきます。

広告

日馬富士の暴行事件とは?

2017年10月25日に横綱・日馬富士が巡業先の鳥取県に入った夜に、複数の力士がいる中で貴ノ岩を殴るなどをし怪我をさせたようです。

どうやら、モンゴル出身力士の懇親会でビール瓶で殴り頭の骨を折ったり、脳震とう、頭部裂傷などの怪我で2週間ほどの治療が必要のようですね。

怪我によって、貴ノ岩は九州場所を13日から欠席したということで、可愛そうですよね。

日馬富士が貴ノ岩を暴行した理由?

どうやら、モンゴル出身の力士を集めた宴会で日馬富士が酔った勢いで貴ノ岩に絡んだときに、態度が気に入らなかったようです。

そして、近くにあったビール瓶で思いっきり殴ったようですね。

態度が悪かったら殴るって、怖すぎですし前場所優勝したした横綱なんだからもっと違う怒り方があるような気がします。

ましてや、勝負のかかった試合にも出場できずに入院までされているのですから、被害届も出ていますし刑事事件に当たるように思いますね。

日馬富士は、短気ですぐ怒りやすい性格で三役時代にも稽古場で厚い板を使って若い衆の頭を殴り親方が止めるということもあります。

また、禁煙の両国国技館の支度部屋でタバコを吸ったことも注意された過去もあるようです。

横綱だからすごいとか思っちゃいますが、モラルのない方がトップに立つなんて嫌ですね。

モラルの問題もありますし、引退してほしいという声も上がっています。

 

日馬富士は逮捕で引退?

相撲界では、2010年2月に横綱だった朝青龍が一般人を暴行し責任を取って引退したということや2007年に時津風部屋(ときつかぜべや)の力士が新弟子をリンチして死亡させたということで、避難を浴びています。

今回の、日馬富士の暴行についても被害届が提出ということですしニュースにも取り上げられるほどでえすし、引退することも視野に入ると思います。

でもこの事件って、10月25日から約1ヶ月も立ってからの報道ということなので、相撲界の隠蔽工作があったのではないかと疑ってしまいますね。

広告

日馬富士の隠蔽工作は本当・ガセ?

被害届については、事件の3日後に提出しているのにすぐに報道されなかったのがおかしいですよね。

おそらく、相撲界全体でなのかモンゴル勢のみんなで隠蔽したのかもしれないです。

モンゴル力士勢の前で殴ったということですし、脳震とうとか骨が折れるとかなら、会場の雰囲気も一気に覚めたはずですよね。

相撲って、古風なイメージですし暴行したとしても礼儀を教えているんだと思ったのかもしれませんが、おかしいと気づいた人が通報してもいいものです。

八百長問題や野球賭博など日本の国技なのに嘘で固められた感じをみると風土とかモラルとか崩れ過ぎだなあと思いますね。

日馬富士の暴行事件の動画

まとめ

今回は、日馬富士の暴行事件について書いてみました。

暴行事件ということで引退も視界に入っていると思いますね。

相撲界は隠蔽だらけで腐っていますし、風土が乱れている気がしますね。

広告