50代の女性が、自分の子供をバケツに入れてコンクリートに詰めた事件が起こったのですがひどすぎますね。

20年以上も前なのに、なぜ今出頭してきた理由のでしょうか?

また、ベランダに干してあるジャージがあったので他にも子供がいるのではないかも気になりますね。

広告

コンクリートバケツ事件とは?

大阪府寝屋川市で20日の朝に、交番へ50代の女性が訪れ「自分が産んだ子供をバケツに入れ自宅においている」と申告してきたようです。

バケツは合計で3~4ということですし4人の子供が遺体犠牲になったのでしょうね。

どうやら、現場の家には中年の夫婦と20代の男性が住んでいて2~3年前に引っ越してきたようですが、あまりご近所との付き合いが無さそうだということです。

【コンクリートバケツ事件】動画

【コンクリートバケツ事件】出頭した理由は?

20年前に産んだ子供を今更ひっぱり出してきて自主ってなんでなのでしょうか?

最近の事件で同じようにクーラーボックスに遺体を保管していたこともありましたね。

おそらく、同じように遺体と暮らすことが報道されていたことで罪悪感がでてきのでしょうね。

そもそも、妊娠して生まれてすぐ殺してしまうなんて、避妊したりおろしたりすることもできたのに残念です。

死産で亡くなる子供がいるのに、命をなんとも思っていないのでしょうね。

広告

【コンクリートバケツ事件】他にも子供はいるの?

今回の事件では、20年前に子供が4人産んだということですが、ベランダに気になるジャージがありますね。

見た感じですと、中学生の学校ジャージみたいなズボンが干してあります。

ということは、もしや産んだ子供もいれば育てた子供もいて中学ぐらいになっている?なんてことが予想されます。

ただ、報道によると20代の男性といっしょということですし、20年前に子供をバケツに詰めたということを考えるとバケツに埋めた子供の前に産んだ子供なのでしょう。

未だに、中学校のジャージを履くしかないのかもしれませんしまともに育てられる状況でもないかもしれませんね。

【コンクリートバケツ事件】引っ越しの理由は?

2~3年前に引っ越してきたということで、なんでわざわざバケツが発見されるリスクを背負ったのかと疑問に思いました。

どうやら、家賃も遅れて払っていたことも多いようですね。

推測ですが、前に住んでいたところでも家賃が滞納気味だったのかもしれませんし、追い出されたのかもしれません。

きっと、20代の子供も生まれてきたのに殺された兄弟と過ごしていたことがわかっていたとしたらショックだと思います。

まとめ

今回は、コンクリートバケツ事件に関して書いてみました。

まだまだ、謎なことが多いですし、子供が何人だったのか?どうして引っ越して来たのか?殺さなければならない理由についても情報がでていませんね。

これから、情報が出てくると思いますし、続報に注目したいですね。

広告