とんねるずのみなさんのおかげでしたで、2億4千万のものまねメドレー選手権が放送されましたね。

最後に登場したバナナマン日村さんが優勝されたのですが、ものすごくダンスがキレッキレでうまいですよね。

うまいだけではなく、日村さんが最高に面白いです。

広告

【みなおか】2億4千万のものまねメドレーが面白い

絶対王者の日村勇紀さんが郷ひろみさんの格好をされて登場されましたね。

バックダンサーとの息の合ったダンスが最高ですし、かと思いきやダンサーも途中からAKBか?と思うほど増えます。

かなり練習しないとできない動きだと思いますし、みなさんのおかげでしたにかける日村さんの思いを感じますね。

 

【みなおか】日村さんのダンスがうまい

バブリーな衣装で登場し、テンポがかなり早いですよね。

かと思いきや、バックダンサーとの息がぴったりですし、さすが絶対王者という感じがします。

あの体型であんなに軽やかに踊れるなんて反則ですし、踊れるデブはい芋洗坂係長くらいだと思っていました。

ところで、最後に「リー」って叫んでいるのが気になったのですが、どうやら日村さんが郷ひろみさんのものまねをする時の定番のようですね。

広告

日村さんのリーでしたの元ネタは?

時々、「リーでした」とセリフを叫んでいましたよね。

みなさんのおかげでしたを見ている方なら、おわかりなのですが元ネタがあるんですよね。

「でもそんな時、僕のことを支えてくれたのは僕の父親でもなく、そしてお袋でもなく、そうリーでした!」と郷ひろみさんが言ったセリフなんです。

このセリフは、当時郷ひろみさんが女優の二谷友里恵さんとの結婚報告をした際に言ったセリフなんですよね。

当時のことを知らない人にとっては、リーって誰だよ(笑)ってなりますよね。

ゆりえさんだから、「ゆり」=「百合」ということで英語で「lily(リリー)」を縮めて呼ばれていたようです。

テレンスでもなく、ブルースでもなくリーなんですよね。

残念なことに、1998年に離婚してしまっているのでネタとして使っていたらいつか郷ひろみさんに怒られそうな気がします。

まとめ

今回は、とんねるずのみなさんのおかげでしたで、日村さんのダンスについて書いてみました。

2億4千万の瞳メドレーはいつみても面白いですし、以外にも笑いだけでなくダンスの技術もすごいのが驚きですよね。

また、放送されたらみましょう。

広告