監獄のお姫様の8話が面白かったですよね。

毎回、小ネタが面白いのですが今回、にゃんこスターとかガキ使の板尾の嫁のものまねがウケます。

8話の小ネタをまとめてみますね。

広告

【監獄のお姫様】8話の小ネタは?

今回も、小ネタが最高でしたよね。

現実とドラマの中がリンクしていて、IKKOさんも出演されていましたよね。

また、菅野美穂さんと小泉今日子さんも歌やダンスのシーンがあったのですがところどころ笑えるシーンがあるのでホッコリします。

こういうネタは、全然嫌いじゃないです(*´ω`*)

小ネタ1:IKKOさん出演

IKKOさんが財テク(菅野美穂)さんと共演していますね。

押切もえさんもそのままの役で出演していましたし、ゲストがちょっと楽しみでもあります。

小ネタ2:馬場カヨの夏の扉

先生(満島ひかり)と松田聖子さんの「夏の扉」を歌ってましたね。

僕だったら、小泉今日子さんの「なんてたってアイドル」を歌わせるかもしれませが、ノリノリで歌っているのが楽しそうです。

夏の扉の動画

小ネタ3:財テクの板尾の嫁ダンス

財テク(菅野美穂)さんが、板橋吾郎にハニートラップを仕掛けるのですがそのときに、ガキの使いでおなじみの板尾の嫁のダンスをするんですよね。

歌は、マドンナの「ライク・ア・ヴァージン」という曲なのですが、ガキ使で板尾の嫁が笑ってはいけないシリーズの初期でよくやっていたのを思い出します。

椅子に座っているメンバーを笑わす感じが、ドラマとリンクしていたので思い出しちゃいましたね。

板尾の嫁のダンス

小ネタ4:財テクのにゃんこスター

財テクのハニートラップダンスで、今はやりのにゃんこスターの真似まで取り入れていますね。

ドラマが始まったときには、まだにゃんこスターがブレイクする前だったと思いますし、柔軟に流行っているネタを取り入れているのが面白いです。

伊勢谷友介さんのツッコミもスーパー3助のように思えますね。

広告

財テクのにゃんこスター動画

 

小ネタ4:語尾がチャンドンゴン

長谷川(塚本高史)が馬場カヨに面会を来たときに、馬場カヨから「今の気持ちは今だけダカダ」というように言っちゃうんですよね。

自分で言ったことなのに、自分で「チャン・ドンゴンみたい」ツッコミを入れている感じが面白いですし、毎回馬場カヨのボケが面白いです。

小ネタ5:姉御の「若えの」

姉御が、出所した際に迎えに来た舎弟に「若えの」って呼ぶのですが、そんなに若くないので舎弟も若くないのでというつっっこみをいれたので言い方を変えています。

若えの、若くねえの、若えの」ってどっちなんだってツッコミいれたくなりますね。

 

まとめ

今回は、監獄のお姫様8話の小ネタについてまとめてみました。

毎回細かい所が面白いですし、ちょっとした楽しみですよね。

次回はどんなネタが仕込まれるのか楽しみです。

広告