コウノドリ最終回が放送されましたね。

第2期のテーマとしては、どの話も感動でしたし名残惜しいですよね。

最終回に、障害児を育てることをオランダへようこそという話に例えたことが感動したのでまとめてみます。

広告

【コウノドリ最終回】オランダへようこその内容は?原作は?

障害のある子どもを育てるってどんな感じなのかをイタリアに旅行することについて例えた話にしていたのが深いなあと感じましたね。

旅行先がイタリアのつもりで、旅行雑誌や旅行計画を用意していていざ出航してみたら「ようこそオランダへ」と言われます。

せっかく準備してみたのに、オランダ?どういうことって思いますし、また旅行雑誌の準備をしなければいけないことに戸惑うと思います。

ただ、オランダに何があるのって戸惑っているよりもその変化を楽しんで勉強して行きましょうということをはなされていましたね。

原作は、エミリーパールキングスレイという1987年に書かれた誌のようです。

オランダへようこそと検索するとサイトが出てくるので、詳しくはサイトを参照していただければ内容を読むことできるのでリンクを載せておきます。

オランダへようこそへのリンク

オランダへようこそへのリンク

【コウノドリ最終回】オランダへようこそのセリフまとめ

私はよく「障がいのある子を育てるのってどんな感じ?」ときかれることがあります。

そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つまでの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。例えば、旅先はイタリア。

 

山ほどガイドブックを買い込み、楽しい計画を立てる。

コロシアム、ミケランジェロのデビデ像、ベニスのゴンドラ。

簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。

とてもワクワクします。

 

そして、何ヶ月も待ち望んだその日がついにやってきます。

荷物を詰め込んで、いよいよ出発。

数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。

そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。

オランダへようこそ

「オランダ?」

「オランダってどういうこと??私は、イタリア行の手続きをし、イタリアにいるはずなのに。ずっとイタリアに行くことが夢だったのに」

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。

あなたは、ここにいなくてはなりません。

 

ここで大切なことは、植えや病気だらけの、こわくてよごれた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。

それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。

 

そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。

 

でもしばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、

オランダには風車があり、チューリップが咲き、

レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。

 

でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。

そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。

きっと、あなたはこの先ずっと「私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。」と、いうのでしょう。

 

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。

だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、

心から楽しむことはないでしょう。

広告

【コウノドリ】感動した最終回!ペルソナ一気に辞めすぎ

コウノドリの最終回が感動しましたね。

ペルソナのスタッフがそれぞれ、別の道に進んで終わるという内容でしたがいきなりみんな辞めすぎじゃないかと思っちゃいましたね・

四宮(星野源)も坂口健太郎も小松さんもいなくなってしまうなんて、絶対メンバー足りなくて現場が大変になりそうですよね。

もし3rdシーズンがあるとしたら、ペルソナのメンバーが一層されますしキャストも気になります。

 

まとめ

今回は、コウノドリ最終回のオランダへようこその話について書いてみました。

内容が感動的でしたし、最終回もそれぞれ道が別れている姿をみて泣いてしまいましたね。

3rdシーズンもあったら楽しみにしたいと思います。

広告