よゐこナスDの無人島生活で対決されましたね。

どうやらナスDとよゐこは、昔からの関係のようで大喧嘩もされていたようです。

今回は、無人島対決結果と関係についてまとめてみますね。

広告

よゐこのプロフィール

名前:よゐこ

メンバー:濱口優、有野晋哉

事務所:松竹芸能

結成:1990年

黄金伝説や無人島生活などで活躍されている芸人さんです。

同い年の同級生コンビで、中学生から同じ学校で中3の頃に同じ塾に通っていたため仲良くなります。

高校も同じ学校に行くことができましたが、成績は有野さんが良かったため同じクラスではなかったようです。

お笑い芸人には、当時高校を中退していた同級生(テンダラーの白川悟実)が吉本興業の養成所に入っていたということから就職してホテルのコックをしていた有野さんをさそい松竹芸能の養成所に入ります。

コンビ名は、有野&濱口だったのですがその後、なめくぢと変えるのですが北野誠に改名するように促され「よいこ」となります。

しかし、2人は改名に乗る気ではなかったためささやかな反抗で「よゐこ」となっていますね。

広告

ナスDののプロフィール

名前:ナスD

本名:友寄隆英(よもよりたかひで)

職業:テレビのプロデューサー

2017年から放送された「陸海空 地球征服するなんて」という旅バラエティで破天荒ぷりが話題となり話題になったテレビ朝日の社員さんです。

旅番組のロケハンなどを担当されていたのですが、U字工事さんなどのロケハンで撮影されたことがテレビで注目されて有名になりましたね。

ナスDの由来は?

ナスDというあだ名が気になったという方がいると思います。

陸海空地球征服するなんてで部族アースの取材でシピポ族を訪れた時に、「美容によい」ということからタトゥーの原料であるウィトという果実の汁を全身に塗ってしまったため、全身が真っ黒となってしまいます。

黒というよりは、ナスよりの紫色なのですが、ナスっぽいということからナスDととなったんですよね。

現在は、部族アースの最後に漂白剤を使って黒い色が取れています。

広告

よゐことナスDの対決の結果は?縄文人?

2017年12月29日に放送された、真冬の無人島0円生活2泊3日でよゐことナスDで勝負する企画が放送しれましたね。

4時間40分のSPのため、全部を放送するのかと思いきやナスDでがやりたいことが多すぎるため、よゐこの2泊3日対ナスDの1日だけが放送で対決することになってしまいましたね。

ただ、73対27でナスDの勝利ということになります。

それほど、ナスDの破天荒さが出ていた企画ですし、桁外れで人間離れですよね。

サバイバルが慣れているため、専門家も驚き縄文人ではないかなんて言われています。

ナスDは、真面目でやりたいことをリストで22ページもまとめているのですが1日目で2ページ分しか実行できていないんですよね。

残りの1日については、年明けの2018年1月13日放送の陸海空で放送予定ですし、なんと70時間寝ないで過ごします。

普通の人だったら、絶対に休むところですし疲れがたまりすぎて倒れてしまうと思いますね。

実は、サバイバルにいてをよゐこに教えたのがナスDなので師匠のような関係なのだそうです。

 

よゐことナスDの関係は?

実は、よゐこの無人島生活が始まったのがナスDのおかげなんですよね。

黄金伝説で始まった、節約生活の時にディレクターを務めていたのがナスDで旅番組の時に濱口さんに指示をしていたのがナスDです。

「濱口さん、あそこの島までカヤックで行きましょう」

「濱口さん、あの丸い岩に乗りましょう」

なんて言っていたようですが、あまりにも島が遠すぎてロケハンしたナスDが転覆したり、岩が丸すぎてロケハンしたナスDが滑り落ちたり無茶な撮影を頼んでいたようです。

濱口さんもできるだけ対応していたようですが、1度だけブチキレてしまったことがあるようですね。

ナスDがよゐこ濱口をキレさせた大喧嘩の理由は?

1ヶ月節約生活をしていた濱口さんなんですが、よゐこ2人だけでなく濱口さんのみでチャレンジをしていたようです。

ただ、有野さんとのライブがあったため節約生活中だけでライブにいかなければいけなかったようですね。

ナスDは、1ヶ月節約生活を優先してほしかったということから、「駄目です!」と言います。

濱口さんは、ライブを大切にしたいということから車に乗り込み「有野が待ってる!」といういいライブに向かいます。

 

2人は、お互いに折れることなく目的地に向かう車の中で揉め、ナスDが途中で走っている車から降りようとドアを開けたようです。

濱口さんは、「降りろ!降りろ!」といいながらドアを閉めようとする言っていることとやっていることが違う行動を取るんですよね。

ナスDは、冷静になりましょうと言い出し、無事にライブに向かうことができます。

それ以来、無人島に連れていけばライブなどの日程を入れられなくなるということから無人島生活が始まったという経緯につながっていったようですね。

ナスDは、毎回ロケハンでモリやナイフ、素手などで魚を取っていたということから濱口さんにモリの使い方を教えた師匠なんですよね。

それなら、ナスDの勝敗も圧倒的に勝ったことも納得です。

まとめ

今回は、ナスDとよゐこの無人島対決について書いてみました。

とても、サバイバルをするとしたら参考にしたいVTRだと思いますし、勝敗とはいえどっちもすごかったですね。

ぜひ、参考にしたいですね。

広告