君の名はが地上波で放送されましたね。

見ていて気になるのが、瀧くんのバイト先の奥寺先輩指輪をしているのですよね。

どうやら、裏設定では瀧のメガネの友達である藤井司結婚しているようなのですがいつから付き合っていたのでしょうか?

広告

【君の名は】奥寺先輩の指輪の相手は?

就活中の瀧君と久しぶりに再開した時に、奥寺先輩の薬指には指輪がされています。

奥寺先輩と別れ際に

「君も、いつかちゃんと幸せになりなさい」

と言われていれるので幸せ&指輪ということなので結婚することを匂わせていますね。

誰と結婚したのか気になるところですが、どうやら裏設定で瀧君の友達である藤井司さんではないかと言われています。

司くんも奥寺先輩も指輪をしていますし、スマホで連絡をしているのも相手が奥寺先輩なのでしょうね。

ではいつから付き合うようになったのでしょうか?

広告

【君の名は】奥寺先輩は藤井司と結婚?いつから付き合ってた?

奥寺先輩は、瀧君のバイト先の憧れの存在でしたね。

ただ、バイト先でのクレーム対応以来、距離が縮まっていきデートを頻繁にするようになります。

三葉の入れ替りのおかげなのですが、次第に奥寺先輩も好意を持っていたことを後々話していたので両思いだったことがわかりますね。

糸森のことを調査しにいくのですが、何故か司くんと一緒に登場するんですよね。

この頃には、奥寺先輩と連絡を取れる間柄のようです。

連絡先をどうやって交換できたのかは、不明なのですが瀧君がバイトしている時にバイト先に行ったりとかしていたのかもしれませんね。

糸森を捜索するときには、まだ友達という関係なのかもしれませんが、瀧君が真剣に調査している裏でさりげなくデートを楽しんでいるように思えます。

旅館でツーショットになったシーンでタバコを吸っていることを初めて知っていますし、敬語で話されています。

この頃から付き合ってたとしたら、タバコを吸うことも知っていると思いますもんね。

この後、瀧君が糸森に1人で行ってしまったことで旅館に2人取り残されてしまったあたりで、何かあったかもしれません。

映画では、そこまで深く掘り下げてしませんが、よくわからない田舎に放り投げられたわけですし、吊り橋効果で帰るのに手間取ったりするなどで、付き合うきっかけになったのではないかと思われますね。

まとめ

今回は、君の名はの最後に気になった奥寺先輩の指輪について書いてみました。

どうやら、友達の司さんが婚約者ではないかと思われますね。

裏設定なんてものもあるようですが、細かい設定って面白いですよね。

広告