成人の日にひどい事件が置きましたね。

はれのひという着付け業者なのですが、当時に夜逃げしたということで被害者がたくさんします。

しかし、福岡天神店だけはボランティアで着付けをされていたということに感動しましたね。

広告

【詐欺】振袖業者のはれのひが突然行方不明

2018年1月8日は成人の日ですよね。

新成人が振り袖をレンタルしたり購入したり準備をして楽しい行事になるはずが、突然業者と連絡が取れなくなってしまったようです。

振り袖業者「はれのひ(harenohi)」という業者なのですが、成人式の当日に電話連絡が取れなくなり、予約や購入した振り袖が届かないという被害がありますね。

成人式は、一生に1度しかない行事なのに式に振り袖が届かなくて参加できないということや購入・レンタルした金額も戻ってこないということでひどい事件です。

どうやら、計画倒産という方法らしく設けるだけ設けて、経営者がバックれたということなですよね。

公式サイトも電話もつながらないということで経営者の行方もわかっていないようです。

 

広告

はれのひ騒動で八王子では周辺の呉服が救済していた

成人式当日のバックレということで、被害に合われた方もパニックでしたよね。

しかし、八王子の周辺の呉服店さんはなんとか振り袖の対応をされていたようです。

悪い人もいれば、救ってくれる店舗もあるようで、緊急で対応された呉服店やサロンのスタッフってすごいなと感じますね。

他の業者もビジネスではあると思いますが、せっかくの成人式なのに参加できない思い出にしたくないという思いが伝わってきて感動します。

【詐欺】はれのひの福岡スタッフも被害者?ボランティアで給料未払い

成人式の当日に連絡が取れなくなり、経営者だけでなく横浜、つくば、八王子店は休業しているということがわかったようです。

しかし、福岡天神店だけは営業していたようですね。

経営者が逃げている中で、はれのひ全体が叩かれている中で福岡天神店だけがボランティアで着付けをしていたようです。

給料に関しても、3ヶ月も未払いだったということでタダ働きだし、他の店舗が休業してて叩かれている中で、本当に辛い状況だと思いますね。

福岡のスタッフ以外のところだって、給料未払いだから休業しているわけなので気持ちはわからなくないです。

福岡のスタッフは、この後就職活動をしなければならないと思いますし、他人のことを考えている状況ではないはずですよね。

でも、タダ働きで社長と連絡が取れない中で「やると決めていた!」というスタッフの言葉に感動しますね。

おそらく、心から自分の会社の振り袖を勧めていたから契約して下さったお客さんを泣かすわけにいかないという温かい心を感じます。

スタッフも被害者なのに、人に尽くそうということって中々できることではないと思いますね。

まとめ

今回は、はれのひで被害にあった方について書いてみました。

お客さんだけでなく、福岡天神店のスタッフもボランティアで活動されていたようですし、スタッフも被害者なんですよね。

経営者が早く見つけてほしいですね。

広告