はじめてのおつかい2018が放送されましたね。

感動して好きだという意見もありますし、イライラして嫌いという意見もあります。

今回は、ツイッターの反応などをまとめてみますね。

広告

【はじめてのおつかい2018】が感動するから好き?

はじめてのおつかいでは、見ていて感動しますよね。

自分の子供が、生まれて初めて1人でお買い物するので転んだり泣きながらも頑張る姿に感動すると思います。

僕も小さい頃、数十メートル先のお店におつかいした時は、すごい冒険に出たような感じがしたことを思い出しますし、小さいながらも大人になったなんて思ったりして自信になった気がしますね。

親としても心配だから一緒に行きたいという気持ちもあると思いますし、泣いて助けを求めているけどあえて助けずに見守っていると自分で考えて一歩踏み出すのが感動します。

また、番組も何年もやっていると22年後とか10年後などの振り返りがあるので自分の成長の記録としても残せるのでいいですよね。

今回のはじめてのおつかいを見ていて感動したのが「がんばるほうがいいんだよ」という子供の言葉で感動していしまいました(T_T)

「がんばるほうがいいんだよ」で感動

北海道の鹿追町というところでソーセージシチューを作ることになり、美玲ちゃん(5歳2ヶ月)と香織ちゃん(3歳6ヶ月)が挑戦します。

頼まれたのが、ふとっちょソーセージとしぼりたての牛乳で、妹がソーセージ担当大臣で姉が鍋に入れてもらった牛乳を運ぶことになるんですよね。

おつかいが終わり、お宅に向かうのですが姉の方の荷物が重たいため道で止まってしまいます。

そこで、お母さんの口癖である「頑張るほうが楽しいんだよ!」という言葉を思い出し再び歩き始めるんですよね。

子供の言葉ですが、頑張る姿ってやっぱり感動しますね。

広告

【はじめてのおつかい2018】がイライラして嫌い?

はじめてのおつかいの反応を見ていると、賛否両論がありますしイライラして嫌いという意見もありますね。

見ていて感動しますし、小さい子がやることだから多めに見てよいう思いもありますよね。

小さい頃からでも失敗から学ぶということを教えるということで、お店の方とかに迷惑がすごいかかっていると思いますし、子供のプライバシーがなくて見せ物にしているという意見もあります。

言われてみれば、わかる点もありますよね。

今回の放送で、子供がずぶ濡れの中で雨に濡れた商品を返品を繰り返したり、お金が足りないシーンなどがありましたね。

返品された商品なんですが、ずぶ濡れになって衛生面的にも良くないですよね。

それが、お店に並ぶのかそれとも処分になるのかはわかりませんが、返品された商品に関して言えば親が引き取るべきではないかと思いますね。

食材としてまったく使わないわけもないこともないと思いますし、返品された商品を買った方もいるかもしれませんよね。

また、ソーセージの購入についても800円足りなくなりお店の方が、おまけするのかソーセージの数を減らすのか迫られています。

今回は、800円足りないと紙に書いてもらいお母さん渡していますが親御さん側も多めに渡してほしいですよね。

どうやら、番組じゃなく本当にはじめてのおつかいをさせているところでは店員さんが負担することもあるそうなのですが、さすがに困ってしまうと思います。

感動する箇所だけの放送だけを見たい気持ちもありますが、対応に困っている店員さんもいるということを知っておく必要があるかもしれませんね。

これは、子供を持つ親御さんもそうでない方も絶対に読むべきツイートだと思います。

まとめ

今回は、はじめてのおつかいを見ての感想について書いてみました。

子供の言葉は時に感動することもありますし、泣きながら見ていましたね。

ただ、迷惑がかかっているところにも目を向ける必要があると思ったので、どちらの意見も参考にしなければいけないですね。

広告