日本の三大桜ってご存知でしょうか?樹齢が1000年以上にもなる長寿の桜なのですよね。東北では、三春滝桜が三大桜に指定されているのでご紹介しますね。

広告

『三春滝桜』の概要

名前:三春滝桜(みはるざくら)
樹高:13.5m
根回り:11.3m
天然記念物:大正11年10月12日内務省告示第270号
観賞料:300円
※中学生以下は無料
駐車場:850台

公式サイトはこちら

三春滝桜

樹齢1000年以上の歴史を持つ国の天然記念物にされている桜です。エドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)ということで1度は訪れたい場所だなあと思うんですよね。

ありがたや、ありがたや(*´ω`*)

広告

『三春滝桜』の見どころ

花見の時期には、毎年30万人もの観光客が訪れるのですがお寺で拝むかのような心が浄化されるような感じがしますし、一種のパワースポットという感じがするんですよね。

樹齢1000年以上ってすごいですよね!天然記念物に指定されたのも1922年ということですから、未だにきれいな花を咲き続けられているのも大切に管理してきた方々が、引き継ぎもうまくしてこられたのだろうし人と人をつなぐ桜!という感じをうけて感慨深いです!

また、更に迫力が出るのが、夜ザクラなんですよね。
毎年ライトアップされるのですが、下から照らされていることでより桜の色が美しく見えますし、1本だけということがさらに迫力が増して行きますね。

 

 

 

『三春滝桜』の場所

場所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地
電話番号:0247-62-3690
(みはる観光協会)

 

『三春滝桜』の開花は

開花:2017年4月9日
満開:2017年4月13日

参考(ウェザーマップ):

http://sakura.weathermap.jp/area.php?city=Fukushima

見頃も13日から18日ということなので、4月15日~16日の土日が混み合うのではないかと予想できます。

三春滝桜

『三春滝桜』の紹介動画

1本だけだというのに迫力がすごいですよね!

三春滝桜

まとめ:三春滝桜

今回は、日本三大桜の三春滝桜についてまとめてみました。
花見できるスポットの中でも樹齢1000年というありがたい場所なので一生で一度は訪れたいですよね。
ぜひ、参考にして見てくださいね。

広告