関東の大雪はすごいですよね。

車で通勤されている方は、進まなくて困っている方も多いと思います。

今回は、車がスタックした場合の脱出方法や、駐車禁止は取られるのか調べてみますね。

広告

【大雪】関東の積雪がすごい!

2018年1月22日に、関東全体に大雪が降りましたよね。

会社では、緊急帰宅を進める企業もあったようですし、電車に乗ろうにも入場規制などで交通機関が麻痺して大変です。

東京都心では、6センチも降りましたし、普段雪が降らない地域ですとスタッドレスタイヤではなくノーマルタイヤで進めなくて渋滞なんてことも珍しくないですよね。

かといって、数日しか降らないのにスタッドレスタイヤを購入する人っていないと思いますし、対策できずに使用してしまう場合が多いと思います。

やむおえずに車を使わなければならない場合でも、何かしら対策を用意して置かないと衝突事故でとんでもない金額が請求されてしまいますし、対策を取りたいですよね。

人によっては、事故に合いたくないということで滑って進まなくなったら放置されている方もいると思いますが、駐車禁止が取られてしまうのではないかと心配になります。

【大雪】車がスタックして放置したら駐車禁止が取られる?

車のタイヤが雪に取られてしまうことをスタックと呼ぶのですが、急な雪で進まなくなる方も多いですよね。

スタックした際は、アクセルを踏んでもタイヤが空回りして前に進まないだけはなく後ろに下がって制御ができなくなります。

雪が降るとわかっているなら、運転しないことやスタットレスタイヤやチェーンなど対策はしてほしいですよね。

場合によっては、道路のど真ん中で動けなくなってしまったりしていたら、スタッドレスタイヤやチェーンで対策している車にも迷惑がかかります。

業務によっては、運送業や郵便配達など車を使用しなければならないところもありますし、自分だけ対策していれば安心でもないんですよね。

時間が追われているところですと、業務に支障がでますし、駐車禁止とってほしいですよね。

本来は、駐車禁止にあたる行為にあたります。

実際に、雪道で放置された車に駐車禁止ステッカーがついていたことがったという情報もありますね。

ただし、台数が多すぎることや雪にともなう事故の処理などが重なってしまい、パトカーが到着する前に雪が溶けていなくなってしまうということが多いようです。

雪が降ったのが悪いから俺は悪くないということも思っていると思いますが、チェーンなどの対策もできるわけですし、降るってニュースで報道されるので乗らないという対処法もできると思いますよね。

広告

車がスタックした時の脱出方法は?

車の対策ができない車両がたくさんありますが、実は脱出できる方法があるんですよね。

一番いいのは、チェーンやスタッドレスタイヤだと思いますが、万が一の場合は対処できる方法を知っておきたいです。

スタック脱出方法1(抵抗を増やす)

脱出させる方法としては、バスタオルヘルパーもしくは車のフロアマットをタイヤに絡ませて抵抗を上げるという方法です。

バスタオルやヘルパーはなかなか持っていることは少ないと思いますが、フロアマットなら、任意で外していない限り取り付いていると思います。

スタック脱出方法2(タイヤの空気)

また、タイヤの空気を少し抜くという方法もあり、タイヤの接地面積を多くして抵抗を増すと脱出できるようですね。(再度入れる必要があります。)

スタック脱出方法3(FR車の場合)

FR車の場合は、後部座席の荷物を多くしたり後ろを重くすることで抵抗が増します。

スタック脱出方法4(前後の雪を処理)

車のタイヤの前後の雪を踏み固めることも効果があるようです。

また、スコップなどがある場合はタイヤの前後に雪が体積しているので取り除くことで脱出できますね。

スタック脱出方法5(ジャッキアップ)

車のタイヤ交換やスペア交換などのために、車にジャッキが載っていますよね。

一度ジャッキアップをさせて、角材などを潜らせることでタイヤの抵抗が増えます。

スタック脱出方法6(牽引)

牽引ロープなどを使用して引っ張ってもらうと脱出できます。

また、周りの方に車を押してもらうことも手ですよね。

広告

スタック脱出のための便利な道具は?

脱出方法をご紹介しましたが、やはり常に道具を車に用意しておいたほうがいいと思います。

都心での積雪ならば、車の通りも多いですし助けてくる方も多いですし、運が良ければショップなども近くにあるので、チェーンなどを購入できますよね。

ただし、周りに車通りが少なく助けを呼べる場所にいないときなどで進まなくなったら大変ですし、自分で対処しなければならない時もあると思います。

そんな時は、スタックステップ、ヘルパーという商品を持っておくと良いですよね。

ただ、タイヤの下に挟むだけなので、簡単ですしチェーンよりは簡単だと思います。

自分の命は、自分で守ることも大切だと思いますし、2000円前後なので結構お手頃だと思いますね。

【おまけ】海外の積雪で駐車禁止を取られるツイートが面白い

カナダでも連日大雪になったのですが、雪かきをしていたデザイナーの方が、スポーツカーそっくりの雪像を作ったようです。

パトカーが近づいてきて、駐車禁止をとられたようですが、

「おかげでいい夜になったよ!!!ハハハハハ!!」

というノリのいい反応だったようです。

日本じゃあありえないですが、ほっこりしますね。

まとめ

今回は、大雪の時に駐車禁止になるのかについて書いてみました。

大雪で進まないことは、しょうがないと思われるかもしれませんが放置することで迷惑になっている方もいますね。

対策方法もいくつかありますが、スタックステップを持っておくと良いですね。

ぜひ参考にしてください。

広告