コインチェック(CoinCheck)の事件が衝撃的ですよね。

被害額も580億円と言われていますし、投資家としては返金してほしいと思います。

自己責任なのでしょうか?、倒産する可能性もありますね。

広告

コインチェックで580円の流出理由は?

出川哲朗さんがCMを務めるコインチェックという仮想通貨の事件が衝撃的ですよね。

580億円なんて、びっくりですしテレビのCMのでも流れているアプリなので信じられません。

どうやら、仮想通貨「NEM」が不正に流出したことによりビットコインも大暴落して、絶望を感じている人もかなりいますよね。

一部の入金や出金、売買は停止されていますし、投資家の方も引出ができず困ってしまっていますね。

不正アクセスは、ハッキングによるものという噂がありますし残ったのが1NEMだったようです。

580億円という金額を扱うのに、ハッキング対策なんかをしていなかったのかセキュリティが甘かったのだと思いますね。

コインチェックでは、技術的に難しく対応できる人数が不足しているということで常にネットにつながっている状態だったらしいです。

通常、仮想通貨を扱う企業の対策として、インタネットにつながっていないパソコンで管理するのが普通なのですが、常にネットに管理する情報があるとなるとハッキングも時間の問題だったのでしょうね。

広告

【コインチェック事件】被害者の資産の返金は?自己責任?

問題なのは、ただの暴落ではなく不正アクセスに対する補償ですよね。

投資家としては、今回の暴落に関して泣き寝入りしなければいけないのか、もしくは返金されるのか気になると思います。

100万、200万の変動なら許容範囲ですが額が580億ですからね、企業としても払える額でもないと思います。

どうやら、ハッキングの際に送信先のアドレスに関して把握しているようで移動先で売買ができないように取引を停止する対策が取られていますね。

確実にうまく行くという補償はないですが、時間が立ってしまうと580億円は返ってこないでしょう。

返金できる金額でもないですし、早急に返してもらいたいところです。

仮想通貨への投資なので、自己責任だとおいうことになれば気の毒すぎますね。

【コインチェック】倒産の可能性は?

普通に倒産してもおかしくないですよね。

2014年にMtGox社も115億円の流出事件後に倒産しています。

となると、コインチェックの額からしても倒産するのも可能性としてあると思いますね。

でも580億円が戻ってこなかったら倒産だけで済まないと思います。

コインチェックの資本金は9200万円なので1億円の赤字でもすぐに経営できなくなると思いますし、仮に580億が返ってきたとしても信用が回復しないですよね。

コインチェックの記者会見動画

まとめ

今回は、コインチェックの不正引き出し事件について書いてみました。

ハッキングによるものだそうですが、セキュリティが甘かったようなですよね。

仮想通貨に関しては、まだまだ慎重に見極める必要がありますし、コインチェックが今後どうなるのかもきになりますね。

広告