平昌五輪が開幕されますね。

女子スピードスケートの小平奈緒さんの練習方法が特殊です。

コーチの理論がすごいですし、オリンピックの結果が楽しみですね。

広告

小平奈緒のプロフィール

名前:小平奈緒(こだいらなお)

生年月日:1986年5月26日

出身:長野県茅野市

血液型:A型

身長:165㎝

体重:61kg

所属:相澤病院

 

女子のスピードスケートの日本代表選手です。

14歳の頃から日本ジュニアのスプリント部門で高校生や大学生顔負けの中学生王者となり注目を浴びます。

2010年に開催されたバンクーバー五輪では女子団体パシュートで銀メダルを獲得するんですよね。

2017年12月に行われたワールドカップソルトレイクシティの500mでは自己記録を更新して36秒50で優勝します。

この種目では15連勝をしているため負け無しということで人類史上最強ではないかと言われ、オリンピックでも金メダル候補になっていますね。

広告

経歴

2010年:バンクーバー五輪団体パシュート 銀メダル

2015年;世界距離別選手権500m 銅メダル

2017年:世界距離別選手権500m 金メダル

2017年:世界距離別選手権1000m 銀メダル

2017年:世界スプリント選手権総合 金メダル

小平奈緒のコーチは誰?

小平奈緒さんのコーチなんですが、結城匡啓(ゆうきまさひろ)コーチですね。

結城匡啓コーチは、北海道出身で筑波大学を卒業後に信州大学で教授をされています。

長野オリンピックで金メダルを取った清水宏保選手を育てた監督でもありますね。

イケメンのコーチでダンディーという言葉あうコーチですね。

小平奈緒の練習方法が特殊?

体幹を鍛えるために、下駄を履いたり、忍び足を鍛えたりしていましたね。

一見地味な動きなのですが、0.5から0.6秒も違うということで理論に基づいた練習なのでしょう。

また、バケツを使ったコーナーの練習をされています。

1つ1つ動きを小さくすることによって、最速のスピードを出せるようになったのですね。

小平奈緒の平昌五輪の結果予想は?

平昌五輪では女子500メートルで金メダル候補で7日に行われた試走で自己ベストの37秒05というタイムを出しています。

昨年2月に行われた世界距離別選手権では37秒13で優勝だったので、平昌で優勝だけでなく記録更新も視野に入っていることでしょうね。

まとめ

今回は、小平奈緒さんについて書いてみました。

下駄を履いたりバケツを使ったりと走り込むだけでなく動きをチェックする練習が最速のタイムを出せる秘訣なのですね。

平昌五輪では、メダルも期待できると思いますし期待ですね。

広告