平昌オリンピックがいよいよ開幕されますね。

さっそく開会式で話題になったのが人面鳥怖いインパクトが強いと言われています。

元ネタモデルはあるのでしょうか?まとめてみます。

広告

【平昌五輪】開会式がすごいきれい

2018年2月9日に平昌五輪の開会式が放送されましたね。

やはり、オリンピックといえば開会式の演出をきれいでしたね。

開幕前から、ノロウイルスだとかドーピングなどが出ていましたが無事開幕しています。

【平昌五輪】開会式で人面鳥が怖すぎる!

開会式のテーマ「天と地と人の調和、神話の世界」ということで約2時間の演劇が面白かったですね。

オリンピックは、国と技術を競うだけでなく平和の祭典でもありますね。

演劇にも力が入っていますし、テレビに見入ってしまいます。

会場もきれいに光っていて神秘的でしたね。

ですが祭典の中で気になったのが人面鳥という鳥でインパクトが強かったです。

顔が人で体が鳥という生き物なのですが、ちょっと怖いですね。

平昌では、モルゲッソヨという「よくわからない」という意味で使われる言葉があるのですが、人面鳥もモルゲッソヨって言われてそうですね。

会場近くに設置されていた謎の像も話題となっていましたし、芸術ってなかなか難しいです。

広告

人面鳥の動画

【平昌五輪】人面鳥のモデルや元ネタは?

人面鳥以外に登場した、玄武(げんぶ)、白虎(びゃっこ)、朱雀(すざく)、青龍(せいりゅう)は中国の四神と言われているので有名なのですが、人面鳥って何か元ネタがあるのかわかりませんね。

どうやら、高句麗(こうくり)時代と呼ばれる紀元前1世紀から7世紀の間に壁画で描かれて韓国の神話に登場する不死鳥が元ネタのようですね。

不死鳥ということは、鳳凰(ほうおう)とかフェニックスと同じような存在なのでしょうし縁起物なのでしょうが怖すぎます。

フェニックスはエジプトの神話で、鳳凰が中国の不死鳥ですね。

不死鳥といことは、永遠に生き続けるのでしょうが平和であの顔が出てきたらおぞましいですし、逆にこの世の終わりかと思ってしまうかもしれません。

人面鳥がかぐや姫の帝(御門)に似てる?

人面鳥なんですが、2013年に公開されたジブリ映画「かぐや姫の物語」で登場する御門(みかど)に似ているという声もあがっていますね。

ただ単に、烏帽子(えぼし)をかぶっているから似ているだけかもしれませんが、似ていないこともないですし納得していまいました。

御門は顎が特徴的で、ニコニコ動画でもかなりいじられていますが、今回の人面鳥もかなりの素材になるに違いないですね。

かぐや姫物語の動画

 

まとめ

今回は、平昌オリンピックで開会式について書いてみました。

人面鳥という縁起物がインパクトが強かったですし、ちょっと怖かったですね。

ですが、無事に開会式が終わりましたし競技を応援したいですね。

広告