平昌五輪スノーボードスロープスタイル鬼塚雅選手が出場されましたね。

決勝で天候が悪く思うような結果がでなくて悔しいです。

オリンピックについてのコメント嫌いになったのではないかと心配されますね。

広告

鬼塚雅のプロフィール

名前:鬼塚雅(おにつかみやび)

生年月日:1998年10月12日

出身:熊本県熊本市

身長:158㎝

体重:47kg

出身:ルーテル学院高等学校

大学:早稲田大学スポーツ科学部

 

 

@yoshitoyanagida #2yearsago #redbull #burton #fox

MiyabiOnitsukaさん(@miyabionitsuka)がシェアした投稿 –

スロープスタイルというスノーボードの日本代表選手です。

5歳のときから室内練習場でスノーボードを始め、小学1年生のときに大会で優勝します。

スロープスタイルとはジブと言われるレールやボックスを使ったコースで難易度を競う競技なのですが5歳の時からできるなんてすごいですね。

現在は、スノーボードのメーカーであるBURTONでサポートを受けていますしトップアスリートとして活躍されています。

2015年に行われた世界選手権では決勝で92.5という高得点を叩き出し優勝しているので平昌五輪でもメダルが期待されていますね。

広告

【平昌五輪】鬼塚雅のスロープスタイルでの結果は?悔しい?

2018年2月12日に行われた女子スロープスタイルで決勝に進出していましたね。

残念ながら転倒してしまい、19位に終わってしまいました。

平昌は、強風で予選が中止になったりと悪条件が続き決勝でもボードにスピードがでなかったりして選手もかなり苦労されたのだと思いますね。

これまで4年間かけてオリンピックに向けて練習してきたのだろうし、自分の出せる力を悪条件で封じられていたのが悔やまれます。

鬼塚雅選手だけでなく他の選手も最後まで滑走できなかったりと、悔しい思いもしていますが、なんとかスピードがでない状況の中で姿勢を低くしたりなどしてもやはり自然には勝てないですね。

鬼塚雅のコメントは?オリンピックが嫌い?

鬼塚雅選手は、滑走後にゴーグルを外すことなくただ放心状態だったようです。

オリンピックにかけてきたので相当悔しいですよね。

コメントで「五輪はあまり好きじゃないと思いました」と発言していますが、きっと本心ではないと思います。

むしろ、平昌は強風で中止になるなど環境的に適さないところがあると思いますし、他の選手も転倒してやりにくい場所なのだという印象を受けます。

ただ、そんな悪い条件の中でも優勝されたジェイミーアンダーソン選手の滑走ってどんだけすごい技術なのかと思わされたのだろうし、悔しいのが伺えますね。

今回の大会は、気候のせいで力を出しきれなかった選手ばかりだと思いますし、開催場所についても選抜する条件に追加してほしいですね。

広告

【鬼塚雅】転倒で怪我は大丈夫?

やはり大きく転倒していますし、キッカーでかなり高い場所から転倒していますよね。

天気もよいことから雪質もかなりしまっているのが想像できます。

サポーターなどしているとは思いますが腰などへの衝撃もかなり強いと思いますね。

せっかくいい選手なのに、選手生命が奪われてしまわないかも心配されますし、強風についても開催場所の条件として加えてほしいです。

また、前日に練習したときに公開練習をされていますがかなり派手な転倒をされているので、体もボロボロなのかもしれませんね。

【平昌五輪】鬼塚雅の滑走動画

鬼塚雅の1回目滑走

鬼塚雅の2回目滑走

 

まとめ

今回は、鬼塚雅選手について書いてみました。

平昌五輪でスロープスタイルの結果は、悔しいですね。

五輪が嫌いというコメントをされていますが、またオリンピックに挑戦してほしいですね。

【モニタリング】鬼塚雅がかわいい!スノーボードでおばあちゃん役!

広告