平昌五輪男子ショートトラックが放送されましたね。

どうやら渡邊啓太選手が北朝鮮の選手と接触し妨害行為を受けたようです。

ペナルティを受けた北朝鮮の相手の選手なのでしょうか?

広告


【平昌五輪】男子ショートトラックで北朝鮮選手が転倒?

2018年2月20日に行われた男子ショートトラック500mで日本人の渡邊啓太選手が出場されていましたね。

ですが、スタート直後に北朝鮮の選手が転倒しレースが仕切り直しになります。

ただ、1回目の転倒では倒れた直後に渡邊選手のブレードを掴んだのではないかと言われていますね。

また、2回目にも北朝鮮の選手が無理やり接触し渡邊選手への妨害をしているように思えます。

1回目ならまだ言い訳が付きますが、2回もですとあからさまですしネットでも非難殺到ですよね。

 


【動画】平昌五輪で北朝鮮選手が転倒

【平昌五輪】渡邊啓太が接触した北朝鮮の選手は?

明らかに手を払うようにして邪魔をしてきていますよね。

転倒しただけではすまず、誰かを巻き込んで競技をするなんてスポーツマンシップのなさすぎる文化に腹立たしい思いですし、下手をすれば怪我だってありえます。

あまりにも悪質なのですが、始めから日本人を狙いに来ているかもしれません。

この選手は誰なのか調べたところ、チョン・グァンボム選手という方のようです。

広告


チョン・グァンボムのプロフィール

名前:チョン・グァンボム(jong kwang bom)

生年月日:2001年7月29日

生年月日176㎝

北朝鮮ペナルティ

北朝鮮の選手は妨害行為でペナルティ?

渡邊啓太選手は、2位でフィニッシュしています。

体と体が接触していますがお互いのコース取りをするためにぶつかった可能性もありますよね。

ペナルティをとられるとしたらスタートしたから半周ですし、1回目も2回目もペナルティをくらってもおかしくないです。

転倒したことにより、4位でフィニッシュかと思いきややはりペナルティを受けていましたね。

当然といえば当然ですし、会場にいた北朝鮮の応援団以外は反則だと感じたはずです。

【動画】ショートトラックのフル動画

まとめ

今回は、平昌五輪の男子ショートトラックについて書いてみました。

北朝鮮の転倒映像ですが、やっぱり妨害行為に思えます。

スポーツマンシップがないと思いますし正々堂々と勝負してほしいですね。

広告