青森に八甲田山という積雪が日本一の場所があるのを知っていますか?
山道のため、冬期には雪で走行できず閉鎖してしまうのですが春になるとその雪のおかげで観光やドライブスポットになるんですよ。
今回は、青森の八甲田雪の回廊について書いていきますね。

広告

八甲田山の概要

八甲田山:はっこうださん
標高:1324m

山頂までは、100人乗りのロープウェイで行くことができます。

春や夏に行くと北海道を眺めながら涼しいですし山の景色と海を同時に堪能できますね。

雪の回廊

秋には、紅葉を見ることができるのですがだいたい10月上旬~10月下旬までが例年見頃です。

また、冬には雪が降り10月中旬くらいに初雪を観測し5月くらいまで雪が残っていますね。冬になるとロープウェイに乗り山頂からのスキーを楽しむことができ、約3.5km~5.0kmと長い林間コースが初心者から上級者まで楽しまれるため、全国からスキー客が訪れるんですよね。

また、渡哲也さん主演で八甲田山で行われた実話を元にした映画も作られています。

>八甲田山【Blu-ray】 [ 高倉健 ]

 

八甲田ロープウェイの概要

運行:年中無休(11月に作業運休あり)
運行時間:9:00~16:20
(11月中旬~2月は15:40まで)
駐車場:350台

雪の回廊
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山頂にはレストランも用意され、展望台からの眺めも最高ですし冬ともなれば、スキーやボードを楽しむお客さんで賑わいます。

コース内には、山頂から樹氷を見ることができるということも魅力の1つですね(^^)

雪の回廊

 

八甲田ロープウェイの料金

往復:大人1850円、小人870円
片道:大人1180円、小人570円

券の種類にいては、紅葉などの観光に往復券を利用し、スキー客のため登るだけの片道券が用意されています。

八甲田ロープウェイの場所

住所:青森市寒水沢1-12
電話番号:017-738-0343

八甲田山は積雪が日本一!

八甲田山には、酸ヶ湯(すかゆ)温泉と呼ばれる名物のヒバを利用した千人浴槽入れる千人風呂があります。

見た目は、昔ながらの温泉宿という感じですし、蔵王温泉に似ているような印象の建物で全国でも珍しい混浴風呂があるんですよね。

雪の回廊
酸ヶ湯は、毎年日本で一番積雪が多いということで全国ニュースになるほどですね。今年はどうやら5.66メートル積もったようで酸ヶ湯前に巨大な雪だるまが作られています。

雪の回廊

酸ヶ湯温泉から十和田湖方面に進む道を『八甲田ゴールドライン』と呼ばれているのですが、冬場になると積雪がすごいため道路を閉鎖してしまうんですよね。
除雪作業が終わると走行できるのですが、雪の壁ができて絶景のため『雪の回廊(かいろう)』とよばれています。

広告

『雪の回廊』の概要

区間:酸ヶ湯~谷地間8km
一般開放:4月1日

雪の回廊

毎年、ゴールドラインの除雪作業が行われて埋もれた道をブルドーザーで少しずつ掘り進み4月1日から道路が開放されるのですが、走行ラインのサイドに雪の壁ができてきれいなのため観光スポットなります。

また、一般開放の前に3月30,31の2日間限定で八甲田ウォークと呼ばれる回廊を歩くツアーが開催されるんですよね。
回廊を後は、酸ヶ湯でゆっくりしたりすると最高ですし、道路も乾いていて歩きやすいのが魅力です。

雪の回廊

『雪の回廊』はいつまで見れる?

大体、開放から10日間くらいが見頃かと思います。
4月1日時点で、氷点下になることがあまり少ないため、雪が溶け出してしまいますね。10日以降も見ることができるとは思いますが、開放した時と比べると迫力が減ってしまいますね。

雪の回廊

『雪の回廊』の走行動画

2017年4月2日に雪の回廊をドライブしてきたのでご紹介しますね。よければ御覧ください。

まとめ:八甲田雪の回廊

今回は、八甲田雪の回廊についてまとめてみました。青森で春にドライブするなら『雪の回廊』が壁が迫力あって感動すると思います。
是非参考にして見てくださいね。

広告