京都高島屋で限定販売されることになったSD(スーパードルフィー)という人形をご存知でしょうか?

限定100体(一人2体まで)で販売されたのですが買い占めた方がいるようです。

相当な金額が動いたはずですし、総額いくらになったのでしょうか気になりますね。

広告


SD(スーパードルフィー)とは?

スーパードルフィー(Super Dollfie)とは、株式会社ボークスによって製造された一般人向けの合成樹脂製の球体関節人形ですね。

通称SDと呼ばれ、1998年11月から販売が開始されたサイズカスタマイズドールという商品名で販売されています。

ドルフィーは、ドールとフィギュアを組み合わせた造語なのですが、カスタマイズドールのクオリティを超えるものがスーパーがつくようですね。

スーパードルフィーの公式サイトはこちら

限定販売のロリーナ人形とは?

2018年3月31日に京都の高島屋で販売された先着100体(一人2体まで)の人形です。

販売期間なんですが、3月31日だけでなく4月1日、4月7日、4月8日の4日間で先行販売されます

ロリーナ人形なんですが、ボークスで人気のドールの一つでイラストレーターの中原淳一(なかはらじゅんいち)とコラボした作品です。

中原淳一さんのオフィシャルサイト

広告


ロリーナ人形100体を買い占めしたのは誰?

どうやら、限定で販売したロリーナ人形なのですが、1人の方が買い占めたのではないかと噂されています。

確かに販売条件としては、一人2体までということになっていますが、50人を雇って100体の支払いをされていたのを目撃されていますね。

限定販売ということもあり、市場での価値も高いものでしょうからおそらく転売目的ではないかといわれています。

買い占めた方についての情報は、中国人の男性という情報のみがわかっていますね。

販売する側も、ルールに沿っているとはいえ明らかに同じ方が支払いをして転売目的の可能性があるのだから対策するべきですよね。

ロリーナ人形買い占めの総額はいくら?転売額は?

限定販売されたロリーナ人形なのですが、税込みで124,200円となっています。

そうなると124,000✕100体ということで1240万円の支払いになりますね。

ただ、この方が外国人であることで高島屋さんはパスポートを持った海外旅行客ですと5%オフで買い物ができるんですよね!

となると税込価格の124,200円ではなく免税で1体で109,250円で購入することができます。

ですので1,092万5千円で購入することができますね。

 

どうやら、すでに前金と合わせて18万円から20万円でとり引きされているようなので単純に800万円くらいの利益なるようですね!!

最近転売についてよく叩かれているように、こういう方のせいでほしい人に商品が届かないのって本当に残念ですね。

まとめ

今回はロリーナ人形について書いてみました。

一人の転売の方が買い占めたということですが残念ですよね。

販売する側も転売目的か確認する必要があると思いますし、なくなってくれることを祈りたいですね。

広告