京都府の舞鶴市で行われた相撲大会で市長があいさつした際に突然倒れたようです。

ですが、女性が土俵に上がることがいけないというアナウンスされたようですがなぜ女性が土俵に上がってはいけないのでしょうか?

市長の命よりも伝統が大切なのでしょうか?

広告


【相撲】市長があいさつ中に倒れるハプニング

2018年4月4日に京都府の舞鶴市で行われた大相撲で多々見良三市長があいさつ中に倒れたようです。

当然、助けにいこうとした人もいるのですが女性が土俵に上がった際に心臓マッサージをしていたのに土俵から降りるようにアナウンスが流れたようですね。

市長は、会場に待機していたAEDを持っている消防職員に交代したことで意識を回復されたようです。

アナウンスについては、とても微妙な表現で「女性の方は土俵から降りてください」という内容だったようですね。

AEDを持った職員の邪魔にならないようにアナウンスしたようにも取れますし差別しているようにも取れます。

どっちの表現で言われたのかによって違うと思いますが、土俵に女性が上がることを認めていないということですから後者の可能性が高そうですね。

女性を土俵に上げない理由は?

しかし、人命がかかった状況なのに信じられないなあと感じます。

もしこのアナウンス通りに行動してしまって誰も助けない状況だったと思うと怖いですし、倒れた姿をスマホで撮影なんて状況になっていたかと思うとなかなか狂った世の中になったなあと感じますね。

女性の相撲選手も最近では珍しくないのですが、なぜ女性が土俵に上がることを許されないのでしょうかね?

女性の方が応急処置の知識が豊富だと感じますし、この時まで伝統を守らなければならないなんておかしいですね。

どうやら、土俵の上には神がいる場所とされているようで神聖な場所だからということで古くから女性禁制となっているようです。

今では、地域の相撲でも女性が土俵に入っているわけですし時代の流れで変更してもいいと思いますね。

広告


市長の命より伝統が大事?

伝統は確かに、場所によっては素敵な行事だと思いますし受け継いて未来に伝えていくものだという考えもいいと思います。

ただし、よくわからない理由で女性が神聖ではないみたいなことになっているのがすごく残念ですよね。

このままだったら、最近の相撲界への悪い印象も拡大していくと思います。

絶対に人命の方が優先だと思いますし、人命優先の方が伝統よりも優先されるべきことだと感じますね。

もしくは、市長の座を狙った方の裏工作だったとしたら怖いですが、それは考えすぎかもしれませんね。

まとめ

今回は、相撲界の伝統について書いてみました。

女性が土俵に上がれないなんて伝統があるようですが、日々ルールは変わってもいいと感じますね。

もっと、受け入れやすいスポーツであってほしいですね。

広告