大相撲で舞鶴市長が倒れた際に女人禁制で問題になりましたよね。

どうやら、市長を救助後に大量に塩が撒かれたようですが伝統儀式なのでしょうか?

今回は、大量の塩撒かれた理由について書いてみますね。

広告


【相撲】女人禁制問題がひどい!

2018年4月4日に京都府舞鶴市で行われた相撲の巡業中に市長が倒れてしまい救命処置をされます。

たまたま居合わせた看護の資格を持った女性が救命処置をするために土俵に上がったようですね。

眼の前で人命の危機ということなのに「女性は土俵から降りてください」というようなアナウンスが流れてしまったようです。

人の命よりも相撲の伝統の方が大事っておかしいですし、ましてや相撲というスポーツの場所なのに医師が近くにいないことも問題ですよね。

こんな緊急事態でも何もできないでいるというのはおかしいですし、業界への闇を感じます。

【相撲】市長が運ばれた後で大量の塩が撒かれる

どうやら、アナウンスだけでなく市長が運び出された後に大量の塩が撒かれたようですね。

多々見市長は、クモ膜下出血だったようですが命に別状がなくてよかったです。

ただ、塩を巻く理由ってなんなのでしょうか?

確かに、塩って身を清めるために塗ったり巻いたりしますよね。

相撲の取り組み前にもティンカーベル並に塩を巻きますし、塩を撒く理由が気になりますね。

広告


【相撲】女人禁制問題の後で大量の塩が撒かれた理由は?

取り組み前に土俵に塩を撒くのはお清めの意味を持ちます。

また、お店などでもよく不愉快なお客が立ち去った後に「塩まいといて!」というようなことがあるのですが「二度とくるな!」というメッセージも込められていますね。

今回の場合ですと、アナウンスで強く女性のことを言っていたことを考えるとお清めというよりも後者のメッセージの方が強いようにも感じます。

取り組みの前にも塩を巻きますが、使われる塩って45kgほどにもあるようですね。

そんなに使う必要があるのか疑問ですし、たくさん巻けばいいっていうものでもない気がします。

まずは、医者を土俵近くに配置するなどのことはやってほしいですし、人命優先にしてほしいですね。

 

【動画】大相撲舞鶴市町が倒れる

市長が倒れた際には、数人の男性に囲まれていますが誰も何もできずにいますね。

男性を書け分けて心臓マッサージをした女性ってすごい行動力があって尊敬します。

また、見かねて他に女性が2人も土俵に上がるのですがその際にアナウンスがなりますね。

まとめ

今回は、大相撲について書いてみました。

伝統を守ることはいいことだと思いますが、人命を大事にしないことについては疑問に感じます。

女性禁制については見直してほしいですし塩撒きも異常に感じますね。

広告