無料で漫画が見られるサイト漫画村閉鎖されましたね。

ですが、漫画タウンとして復活したのですが閉鎖となっています。

月刊まんがタウンと名前が被っていますが反応はどうなのでしょうか?

Twitterなどをまとめてみます。

広告


漫画村とは?

ネット上に落ちている漫画の画像を収集して公開しているサイトで、漫画を無料で読めてしまうサイトですね。

漫画以外にも小説や雑誌も読めてしまうということで便利ですし、無料なのでユーザーも多かったようです。

2018年の初頭から話題になっていましたが、今年の4月10日から11日にかけてアクサスできなくなっとおり閉鎖されたと言われていますね。

漫画村のサイトにアクセスするとメンテナンス中もしくは負荷が高い状態という表示です。

漫画家にお金が入るのって本が売れないと入らないわけですし、中古本屋さんで本の売り買いをしたとしても1円も作者に入らないことだってツッコミたくなると思います。

漫画村がやっていたのは、ネット上に落ちている漫画の画像を拾ってということですし、やろうと思えば個人でも漫画1話とか収集できてしまいますよね。

めんどうだから誰もやらないだけですが、漫画のページ画像をアップロードする方も訴えるべきかなあと感じます。

広告


漫画村が漫画タウンに名称変更?現在は閉鎖?

サイトが見られないということで、「漫画村 見れない」と検索するかたが多いようです。

4月12日には、漫画タウンという名前で運営が始まったのですがすぐに閉鎖となっていますね。

ただ、11日に閉鎖してすぐに開設ですし、前もって準備してあったのだと感じます。

公式サイトでも言っている通り、村から町に進化したということですし、これからどんどん進化していけば王国になるかもしれませんね。

月刊まんがタウンの反応は?Twitterまとめ

漫画タウンという名前なのですが、実はクレヨンしんちゃんなどが連載されているまんがタウンと名前が被ってしまっています。

漢字かひらがなという違いですし、本家も名前が被っているし訴えたくなるのではないかと思いますね。

どうやら、月刊まんがタウンでも自体を把握されているのですが、見えない相手ということで何もできないでいるようです。

まとめ

今回は漫画タウンについて書いてみました。

どうやら、閉鎖されたということですが違うサイトも出てくるかとか思いますね。

便利で無料だったら利用したくなりますが、争いは続くでしょうね。

広告