世界一受けたい授業の保健体育の授業で気になる特集がされていましたね。

デブ菌という内容だったのですが、ダイエット効果がありそうです。

今回は、デブ菌のチェック方法と食事メニューについてまとめてみますね。

広告


【世界一受けたい授業】デブ菌とヤセ菌って何?ダイエット効果は?

2018年4月21日に放送された世界一受けたい授業の中で「腸リセット術」というテーマで話されていましたね。

デブ菌ヤセ菌という内容が話されていたのですが、そんな菌があるとは驚きです。

どうやら、デブ菌が腸内にあるだけでダイエットをしても痩せないだそうですね。

つまり、デブ菌を減らしてヤセ菌を増やすことができればダイエット成功ということになるのでしょうね。

デブ菌は、悪玉菌の一種のようで腸内にあると有害物質を作ってしまい血液がドロドロとなって皮下脂肪内蔵脂肪などとして取り込まれてしまいます。

番組では、丸山桂里奈さんが2週間に渡って実験に協力していたのですがなんと2キロもダイエットに成功されています!!

【世界一受けたい授業】デブ菌チェック方法は?

①:少食なのに太っている

②:ダイエットをしても成果が出ない

③:発酵食品をあまり食べない

④:風邪をひきやすい

⑤:肌の調子が悪い

⑥:運動をあまりしない

⑦:大便・おならがすごく臭い

⑧:便秘・下痢をすることが多い

この8個のチェックのうちに4つ以上当てはまることでデブ菌が増えている可能性があるようです。

僕も4つは当てはまってしまうので気をつけなければと思っています。

あまり食べないとか発酵食品とか取っているのに効果がないのもデブ菌があるからなのだと思うとダイエットも見直してたいですよね。

広告


【世界一受けたい授業】デブ菌を減らす食事メニューは?

丸山桂里奈さんが実践していたデブ菌を減らす方法なのですが2週間で2キロもやっていましたね。

いろんなダイエット方法が増えている中で、食事量を減らすことなく体重が減少していましたし、ストレスも低そうだなあと感じます。

デブ菌をへらす方法なのですが、酢キャベツなんですよね!!

酢キャベツを毎日100g食べることで食事量を減らすことなくデブ菌が減少し、ヤセ菌が増えます。

丸山さんの実験では、ヤセ菌が39%から60%になり、デブ菌も8%落ちていましたね。

酢キャベツの作り方・レシピ

1:キャベツ(1/2)を千切りにして塩(小さじ2)を加えて揉む

2:お酢(200ml)を加えて軽く揉む

3:冷蔵庫で半日漬け込む

【動画】デブ菌を減らす体操

①:手を上げて、息を吸いながら手を交差させます。肩甲骨を引き寄せるように手をのばすことがコツですね。

②:その状態で息を吐きながら左に1回、右に1回、前に1回倒します。腸を伸ばすようにしてしっかり体を伸ばすのが重要です。

この動きを1分間繰り返すことで腸が活性化するようですね。

まとめ

今回は、世界一受けたい授業でのデブ菌について書いてみました。

体操や酢キャベツの効果がすごかったので実践したくなりますよね。

夏に向けてダイエットに励んでいくために是非参考にしてみてくださいね。

広告