富士急ハイランド無料化のニュースがでましたね。

7月中旬から実施されるようですが、フリーパス料金はどうなるのでしょうか?

まとめてみますね。

広告


【富士急ハイランド】入場料無料化のメリットは?

2018年5月9日に富士急ハイランド入場料無料化というニュースがでましたね。

今まで、大人1500円、子供900円を払っていたのに無料になるってうれしいですよね。

また、絶叫マシンが嫌だけど園内で食事とか子供が楽しそうに遊んでいる姿を見る目的の方には嬉しいですよね。

気分だけとか、写真だけでの入場なら嬉しいニュースです。

また、アトラクション代が2倍から2.5倍になることが検討されているようなので、アトラクション利用者の数が減ると考えられるので、料金が高くなる代わりに並ばずに乗れるのかもしれませんね。

【富士急ハイランド】入場料無料化のデメリットは?

入場料がなくなっても、「ド・ドドンパ」とから「ええじゃないか」とかが1000円から2000円になってしまったとしたら、結局払うお金が高くなるように思えますね。

無料で入場させて、後で課金させるというソーシャルゲームのやり方に似たやり方にすれば確かに売上が上がりますし運営側にもメリットがありそうです。

また、無料ということで園内が混み合うことが予想されますし園内だけでなく、ホリデー快速富士山の混雑も予想されますし、入場する前に疲れてしまうかと思います。

ハイランドに入ってみたいけど、入場料があるからと控えていた方の集客があるのはうれしいことだと思いますが、

ついでにアトラクション1つ乗ってみようという気持ちになればアトラクション代の値上げで2000円くらいになるわけですし、現在の1500円の入場料以上に支払うことになりますね。

広告


【富士急ハイランド】フリーパスの料金はどうなる?

公式サイトによると、フリーパスの料金が現在と同額で販売されるようです。

大人5700円、子供4300円で販売している入場料とアトラクション乗り放題なので、アトラクションメインの方ならご購入して回られる方も多いと思いますね。

ですが、園内が混み合ってしまうと動き辛くなるだろうし、そもそも体験できる数が少なくなってしまったらフリーパスの意味が薄れてしまうかもしれませんね。

公式サイトはこちら

【動画】富士急ハイランド無料化

まとめ

今回は、富士急ハイランドの入場料無料について書いてみました。

入場無料は嬉しいことですが、混み合ってしまって乗れなかったらと思うと心配ですね。

どのくらい混み合うのかチェックしてから行きていですね。

広告