日大アメフト部のニュースが毎日報道されていますよね。

監督と元監督が緊急会見をされたのですが、司会者の方が気になります。

米倉久邦さんという方なのですが、山口組から借金していたという噂は本当なのでしょうか?

広告


日大アメフト部の会見で司会者が気になる

2018年5月23日に、日大のアメフト部の内田正人監督と井上奨コーチが、悪質なタックルについて記者会見を開いていましたね。

会見中に、何度も同じ質問はよくないので打ち切るように指示していた司会者の方の態度が悪いということでネットで炎上していたようですし、「日大のブランドは落ちません」というオチがきになっちゃいますよね。

かなり上から目線で、「もう会見は打ち切ります」だとか「さっきからあなた、しつこい」など暴言まで飛び出しています。

司会者は、会見する方と報道陣をうまくつなげるような立場なのにここまで前に出てくる司会者も珍しいです。

そもそも、この司会者の方ってどの立場で言っているのか気になりますよね。

米倉久邦はどんな人?現在は広報部議員?

米倉久邦(よねくらひさくに)さんは、早稲田大学を出身でフリーのジャーナリストで現在、日本大学の企画広報部職員をされています。

高校、大学時代に山に親しみ、日本山岳会会員や森林インストラクター、東京スキー山岳会会長などを務めています。

森林インストラクターとして「そうだ、山へ登ろう!」という著書を出されていますね。

広告


米倉久邦は山口組に借金?

司会者として態度が悪すぎるだけではなく、指定暴力団である山口組に借金もしているようです。

まさか、日大の関係者が反社会的勢力から借り入れしているとは驚きですね。

米倉さんは、「どんな活動をしているのかの報告義務はないし、大学として関知していない」と発言しているためあまり表に出したくない情報だったのでしょうね。

今回の会見といい、重要な事実を隠しているので日大としてのブランドはかなり落ちていくと感じられます。

ただ、この問題って日大だけの問題ではなく、アメフトの本場であるアメリカからの評価も下がってしまう恐れがあると感じますね。

タックルをした宮川選手は、自分の責任だと認めているのに対して監督だけでなく司会者まで隠す姿勢は見ていて目に余ります。

【動画】日大アメフトの司会者の動画

まとめ

今回は、日大のアメフト問題について書いてみました。

タックルした事件だけでなく、司会者までも誤魔化しをする姿勢って目に余りますね。

広告