日本対ポーランド戦が盛り上がりましたね。

ですが、日本に対しブーイングされたということですが理由はなんなのでしょうか?

プレイがダサいということやフェアプレイポイントについて書いていきますね。

広告


 

【ポーランド戦】日本がブーイングされる理由は?

2018年6月28日にグループHの最終戦である日本対ポーランド戦が放送されましたね。

盛り上がるはずの試合なのですが、日本へのブーイングがあったようです。

後半14分にコベドナレクによって0-1でポーランドがリードされるのですが、この状況だと日本が点を取りに行くように思えますよね。

ただ、この試合の裏で行われたセネガル対コロンビアでコロンビアがリードした状況だったことが選手に伝えられます。

このままの点差で行けば、フェアプレイポイントによって日本が2位で決勝トーナメントに進出することが決まったんですよね。

ただ、セネガルが6点、日本が4点のフェアプレイポイントが上回っていたため失点はもちろん、イエローカードさえも許されない状況だったんですよね。

例え試合で負けたとしても、決勝に進出できるのなら今の状況を守りたいということが監督から進出したのですがさすがに、見ていてダサいという方もいるようです。

フェアプレイポイントとは?

フェアプレイポイントで勝ち上がるって珍しいですよね。

もし、2つ以上のチームが勝ち点と得失点、総得点が同じならフェアプレイポイントの差によって順位が決まるといことなんですよね。

今回の場合は、日本とセネガルが1勝1敗1分で総得点も4点で同じです。

ただ、警告数が6点と4点で2点差なんですよね。

この場合、警告数が少ないのが日本のため総得点が同じでも日本が2位に確定します。

そのため、パス回しをして時間稼ぎをすれば日本が決勝トーナメントに進出できるわけですよね。

広告


【動画】日本のパス回しプレイがダサい?

結果的に決勝トーナメントに進出してベスト16になったということはすごいことですよね。

サッカーで盛り上がりたいという方としては、ゴールでせめぎ合う感じを楽しみにしていただろうし、放送される深夜に起きていて「こんあプレイ見たくない」という反応もあると思います。

なかなか見れる状況ではないですし、裏で戦っているコロンビアとセネガルの状況にまかせている感じがダサいなんて言われていますね。

無理して点を取りに行かなくても、決勝トーナメントに行ければいいということですしリスクを取ったことで世界にダサいと思われてしまったかもしれませんね。

まとめ

今回は、日本対ポーランド戦について書いてみました。

ブーイングやダサいなんて言われていますが、決勝トーナメントに進出できたというのは快挙だと感じますね。

これから決勝トーナメントでも頑張って欲しいですね。

広告


【画像】ロシアワールドカップ2018で世界の美女サポーターがかわいい!

【半端ないって】中西隆裕のグッズの印税は?Tシャツの購入できる?

【画像比較】セネガルの監督アリューシセがナスDに似てる!イケメンすぎる

【動画】ワールドカップのオフサイドトラップって何?キャプテン翼みたい

【動画】カカロニ菅谷のネタは面白い?セネガル戦でヘディングが話題

【動画】ケイスケホンダの敬礼ポーズの由来や意味は?いつから?かっこいい

【画像】サッカーワールドカップ日本代表の嫁一覧!結婚しているメンバーは?

【画像】ポーランドの美女サポーターまとめ!日本男性がモテる理由は?

【動画】ポーランド戦の川島のスーパーセーブ!イナイレの熱血パンチに似てる?

【ポーランド戦】日本ブーイングの理由は?プレイがダサい?フェアプレイポイントとは?

【どっちが正しい?】キリアン・ムバッペ?エムバペ?発音の正解は?

【画像】世界の美女サポーターまとめ!インスタを使った見つけ方は?