子供の出産て1人でも大変ですよね。

妊娠して双子や三つ子までは聞いてことはあるのですが四つ子だと自然妊娠は可能なのでしょうか?

確率不妊治療は必要なのか気になりますよね。

広告


 

自然妊娠とは?

自然妊娠とは、医学的な治療を受けずに妊娠することです。

避妊などの行為をしないで通常の生活で妊娠することを言いますね。

そうではなく、婦人科などの医療機関からアドバイスを受けて不妊治療を受ける場合は自然妊娠と区別されます。

もし、結婚して3年5年とたったのに子供ができないと悩んだ場合は不妊症の疑いがあります。

不妊症の定義としては、妊娠を希望して1年間性生活を行っているのにもかかわらず妊娠が成立しないことをいうようですね。

初経では30万子もの卵子があるのですが、毎月500個ずつ減り、残り1000個をしてしまうと閉経になってしまうため時間との勝負になるようです。

不妊治療では、どうすれば効率よく妊娠できるのかを情報収集しながら医師と相談したり排卵誘発剤を使ったりなどをしますね。

排卵誘発剤を使うと双子が生まれやすい?

1人の妊娠でも難しく神様の授かりものと言われていますし、双子についていうと全体出生率の1%の割合のようです。

双子には、1つの受精卵が細胞分裂で2つに受精する1卵性と2つの卵子が排卵されて受精する2卵性がありますね。

1卵生の場合は、血液型も性別も顔もそっくりなんですよね。

どうやら、排卵誘発剤を使うと双子が生まれやすいということがあるようです。

誘発剤を使うことで1度に複数の卵胞が発育して排卵されることがあるため2人以上が妊娠する確率が高くなるようですね。

ただ、妊娠誘発剤として有名なのが「クロミッド」と呼ばれる錠剤タイプののみ薬があるのですが、イライラしたり吐き気、目のかすみ、食欲不振や頭痛、情緒不安定などの副作用が起こるようです。

広告


四つ子は自然妊娠ができるの?不妊治療は必要?

2018年に放送された「はじめてのおつかい」で4つ子が出演されていましたね。

初診で1人と言われたら、次に3人、次に4人と診断されたようで4つ子の妊娠て発見し辛いことがわかります。

自然妊娠だったのか?不妊治療を受けていたのかは不明なのですがおそらく自然妊娠だったのかもしれませんね。

出演された家族意外のケースを見てみると、自然妊娠のケースもよくあることのようです。

妊娠誘発剤を使わなくても、排卵時に複数の卵子が排出されることもありえるため、4つ子ともなるとものすごい確率なのでしょうね。

四つ子が生まれる確率は?

双子でも生活をしていると珍しいと言われますし、双子のコンビでテレビに出演ということも増えてきましたよね。

双子の出生確率を調べてみると約1%ということで100分の1の確率のようです。

三つ子ともなると6400分の1ということでかなり奇跡だと言われるようですね。

さらに、1卵性の三つ子ともなると18000分の1なのだそうです!

この数字だけ見ても、珍しいことがわかりますが、四つ子だともっとすごいことでしょう。

四つ子が生まれる確率は?

四つ子ともなると何卵性?という組み合わせがかなりありますよね。

1卵性から4卵性まであるのですがかなりめずらしいケースなので組み合わせ別にも確率が変わってきます。

1卵性で四つ子が生まれる確率は1300万分の1

1卵性双子を2組の場合だと7000万分の1

という組み合わせのみなのですが、三つ子の確率よりもグーンとあがりますね。

実は、その7000万分の1の確率で生まれたケースが2016年に英エセックス州グレイズに暮らすポール・クロージャーさんという方に訪れニュースにもなっていますね。

ポールさんの場合は、8000ポンド(日本円で115万円)をかけてIVF治療(体外受精)で生まれそうです。

また、画像検索をしてみると結構四つ子の方も出てくるので思っているよりはいるのかもしれませんね。

まとめ

今回は四つ子について書いてみました。

不妊治療だけでなく自然妊娠でも生まれるケースも多いようですね。

また、不妊治療によって双子が生まれやすいこともわかりましたが副作用も大変のようです。

広告


【はじめてのおつかい】四つ子の親が立派!癒やされてしかわいい

【四つ子】自然妊娠が可能?確率や不妊治療は必要?排卵誘発剤は使う?