今年のゴールデンウィークは、9連休ということで遠くに羽を伸ばされる方もおおのではないでしょうか。
東北では、ゴールデンウィークが花見が見頃であったりしてイベントもたくさんあります。秋田では、春ですが花火の打ち上げイベントがあり世界各国から参加者があって人気なんですよね。
今回は、秋田の大曲で行われる「国際花火シンポジウム」についてご紹介します。

広告

『国際花火シンポジウム』の概要

イベント名:大曲の花火~春の章~「世界の花火 日本の花火」
開催日:2017年4月25日,27~29日

公式サイトはこちら

大曲の国際花火シンポジウム

今回で第16回目となるのですが大仙市大曲で行われ、アメリカ、中国、スペインなど世界各国の花火を見ることができるイベントです。
大曲といえば、広い河川敷で毎年花火大会が行われるのですが日本三大花火大会の1つにも選ばれますし全国的にも「大曲の花火」として知られていますね。

今回のご紹介する『国際シンポジウム』は、大曲の花火と異なり、世界の花火を見れるのですごい貴重なので参加される方も全国や世界規模なイベントだと思います。

 

25日,27日~28日開催のイベント

打上:約7000発
開催時間:午後7:00~午後7:45
前売り券:販売なし(当日販売)
有料席値段:2000円
有料席数:10000席

29日開催のイベント

打上:約12000発
開催時間:午後7:00~午後8:20
有料観覧席:3000円(全席指定)
前売り券:予約(完売)

広告

『国際花見シンポジウム』の開催場所

住所:秋田県大仙市大曲花園町7-30
電話番号:0187-73-5781
(第16回国際花火シンポジウム実行委員会事務局)

『国際花見シンポジウム』の見どころ

花火大会の会場って、ビルで遮られたりしてよく見えないってことがあるんですが、大曲の花火はどこから見ても迫力ある花火を見れますし、数が多いことがいいですよね(^^)

『国際花見シンポジウム』の動画

前年度行われた花火大会の様子です。音楽に合わせて無数の花火があがっているところなんて、最高ですし間近で見たら感動するんだろうなあと感じますね。カラフルな花火やキャラクターを映し出したり、海上の花火など種類がたくさんなのが飽きないですし引き込まれます!

大曲の国際花火シンポジウム

まとめ:『国際花見シンポジウム』

今回は、『国際花見シンポジウム』について紹介しました。日本の中でも世界の花火が見れるイベントって貴重ですし、海外の派手な花火もいい感じですね。
是非参考にして見てください。

広告