亀梨さんと山P主演の『ボク、運命の人です。』がはじまりましたね。
この組み合わせって、12年前に放送された『野ブタをプロデュース』以来ですし、内容についても謎だらけで期待しています。
今回は、ボク運第1話についての感想と展開予想について書いていきますね。

広告

『ボク、運命の人です。』1話のあらすじ

ウォーターサーバーの会社の営業をしている主人公亀梨和也(正木誠)が運命に導かれるようにしてヒロインの木村文乃(湖月晴子)が働く会社の隣に転勤して来ます。

誠は、これまで付き合う女性に騙されたり突然連絡がつかなくなったりと女運がない男だと会社でいじられているんですよね。ですが、会社の飲み会でかわいい彼女が今いることを話し、今度こそは運命の女性だということで浮かれています。

ある日、彼女が自宅にくるということで準備をしてオシャレなワインなど買って帰宅すると、山下智久(神)が土足でテーブルに腰掛けています。

ボク、運命の人です。 1話

神は、今の彼女が詐欺師であることや運命の人が晴子であることや30年後に誠と晴子の子供が地球に隕石が落下することを防ぐから1年以内に結ばれろ!ということを言います。

誠は、神から晴子とこれまで小さい頃や大学受験や写真に一緒に写り込んであったりとかなり接点がいっぱいあったことを知らされ納得し晴子に振り向いてもらえるように積極的に話しかけます。

ですが、晴子には気持ち悪がられ遠ざかっていくんですよね。
しまいには、『もう話しかけて来ないで』というように完全に嫌われてしまいます。

ボク、運命の人です。 1話

『ボク、運命の人です。』1話の感想

山Pの設定が謎すぎですが未来を救いに来たってまるでターミネーターが未来を救うジョンコナーを守りに来たストーリーに似ているなあなんて思いますね。ドラマの中でいきなり消えたり瞬間移動するようですから、人間ではない感じがあるようなないような適当な感じが『野ブタ』を思い出させて面白いです。

ボク、運命の人です。 1話
ドラマの設定がむちゃくちゃなので、いきなり『おまたせしましたボクが運命の人です』ってエレベーターで話しかけられたら怖いですよね。

というよりは、亀梨さんのようなイケメンがそんなことを言ってきたら付き合ってもいいなあなんて思ってもいいかもしれませんし、コンサートとか電車が一緒になった時に気持ちが変化してもいいような気がします。

広告

『ボク、運命の人です。』の展開予想

次回、定岡光圀(満島真之介)が早速、恋のライバルとして登場するのがどうなるのか気になりますね。

今の誠だと嫌われているので絶望的に勝ち目がないですし、最終的に誠になるのだろうけれど満島と付き合うことも予想できます。一度嫌われてしまったら、絶対離れていくだろうし何か命を助けるようなイベントとかあって誠に振り向いていくのかなあと予想しますね。

例えば、よくあるのがエレベーターで2人が閉じ込められてしまって協力して脱出するような感じとかベタですがありそうではないですかね^^;

ボク、運命の人です。 1話

ボク運ダンスが可愛い

青春アミーゴ以来の覚えやすい歌ですし、ダンスも『恋ダンス』に習って覚えやすいですし話題に流行りそうですね。
木村文乃も加えると可愛いくて見ていて気分が楽しくなります(^^)

まとめ:『ボク、運命の人です。』1話

今回は、『ボク、運命の人です。』1話を見ての感想を書いてみました。
神の謎な設定が見ていて笑えますし、コメディ&ラブストーリーが安心して楽しみて面白い作品だなあと思いますね。
次がどうなるのか楽しみです(^^)

ボク運の記事一覧はこちら

広告