格闘技で神の子と呼ばれている山本KIDさんがガンであることをSNSで紹介しています。

かなり痩せているのですが何ガンで進行の程はどれくらいなのでしょうか?

 

広告

 

山本KIDは何ガンなの?

格闘家の山本KIDO徳郁(41)がインスタグラムでガンの治療中であることを発表されました。

2018年4月にAbemaTVの「格闘代理戦争2ndシーズン」で格闘家の原石を選ぶトライアウトに出演されるも6月でアメリカに遠征に行くという理由で突如中止になったのも病気の治療だったからなのでしょうね。

最近になって発覚したのかと思いきや、2年も前から戦っていたということですが次第に痩せ細っていく姿や体力的にも車椅子に乗るのが精一杯の状態でした。

本人としては隠しておきたかったのでしょうが、自らSNSに投稿したのもかなり進行が進んでの発表だったのかもしれませんね。

グァムで治療を受けているということですが、その姿はやせ細り座っているのがやっとという状態にも関わらずカメラにポーズを決めているのも格闘家として精神的に強いからできる限界なのかもしれません。

FLASH記事によると、消化器系のガンということが判明しているのですが詳しい箇所は不明です。

山本KIDさんのインスタグラム

広告


ガンの進行はどれくらい?グァムに行った理由が気になる

ガンの進行についても不明ではありますが、ここ数ヶ月で急に痩せたことを考えると相当進んでいる状況なのかもしれません。

2年間伏せてきた発表をこのタイミングでしたことを考えるとステージ4とか末期に近い可能性もあります。

車椅子での生活ということはかなり体力も減少しているのだろうし、食事もあまり取れていないのかもしれません。

グァムでの医療と書かれているのですが、おそらく最後を覚悟しての選択かもしれませんね。

グァムはハワイに比べるとフライト時間も約半分ですし日本との時差も1時間程度ですし身体への負担も考えたのかもしれません。

ガンの治療なら日本の医療の方が高度ですし、ビザを持たない、保険に加入していない国での医療費もかなり掛かるため、最後の思い出を作るためなのかもしれません。

ステージが4から、回復に向かった事例もありますし厳しい状態なのかもしれませんが回復するのをお祈りしています。

まとめ

今回は山本KIDさんについて書いてみました。

グァムでの治療ということですが、最後を覚悟してかもしれませんね。

ステージ4から復活した事例もありますし頑張ってほしいです。

広告