10代の少女を誘拐したということで余卿容疑者が逮捕されています。

どうやらTBSで兄画事業部の社員のようですが、「七星のスバル」というアニメのプロデューサーをしていたようです。

七星のスバルは放送中心になってしまうのか?

またネタにされている理由について書いてみますね。

広告


 

余卿容疑者が逮捕

静岡県にすむ少女を未成年だと知りながら東京の自宅に連れ込んだ疑いで逮捕されたのがTBSテレビの社員余卿(よきょう)容疑者です。

8月中旬から9月2日に掛けて、北海道・札幌市内の路上で逮捕されているところを警察官が発見して逮捕となったようですね。

2015年4月に入社し、映画・アニメ事業部に所属していたようで、勤務態度も真面目でおとなしいタイプだったようです。

おとなしい方が事件を起こすというのは珍しくないのですが、何かうちに秘める闇が感じられますね。

では、どうして犯行に及んだのでしょうか?

余卿容疑者の犯行動機は何?

まず、静岡の少女を連れ回して北海道で二人で歩いているところを逮捕されたというのが引っかかりますね。

親も心配して、捜査願を出したということなので逮捕に至ったのでしょうがどういうことなのでしょうか。

まだ犯行動機については明らかになっていないのですが、女の子と一緒に歩いていたということで、この内容からだと余卿容疑者に自らついて行ったような状況が考えられます。

まるで家出少女のような…

余卿容疑者はアニメの事業部に所属していたということなので、北海道で何かイベントでもあって一緒に行ったということでもない限り、北海道までの移動距離が変だと感じます。

例えば、誘拐された少女とSNSを通じて知り合って札幌のイベントに行ったとか、いわゆる聖地巡礼というのをやっていたのかもしれません。

ただ、北海道のアニメイベントをざっと調べて見たものの、長期に渡ったイベントも8月9月に行われるイベントもないですよね。

あえて上げるとしたら、札幌ってアニメの声優学校やショップなどが結構多いんです。

おそらく、予想ですが親に黙って、余卿容疑者と旅行に行っていたというだけなのかもしれません。

年頃の女の子ですし、男性で10歳位上も離れているとなると心配になるのであえて伝えなかったのではないかと考えられます。

広告


余卿容疑者がネットでネタにされる理由は?七星のスバル?

余卿容疑者なんですが、ネット上で誘拐したことではないことで話題になっているんですよね。

余卿容疑者はどうやら「七星のスバル」という2018年7月から放送されているアニメのプロデューサーをしていたようです。

逮捕されたのが9月2日なのですが、次週放送される10話のタイトルがなんと「消えた少女」ということなんですよね。

ベストマッチ過ぎてネットをざわつかせていますし、また「お楽しみに!」という次回予告の定番がまたなんとも言えないです。

事件では、消えた少女が帰ってきていますがアニメの行方も気になってしょうがないですね。

現実とリンクされている神回にになること間違いないです。

【動画】余卿容疑者の報道

まとめ

今回は、余卿容疑者について書いてみました。

逮捕されたということで犯行動機が気になりますが、現在放送されている「七星のスバル」の次週も気になりますね。

こんなに現実とリンクしているのってすごい確率だと思いますし次週の放送も楽しみですが事件の真相も続報を待ちたいですね。

広告