仙台宮城野区で19日の午前4時に東仙台交番で事件がありましたね。

犯人は、大学生の相澤悠太容疑者ということでしたが大学ってどこなのでしょうか?

また、この事件を起こしてしまった犯行動機生い立ち、性格など調査してみますね。

広告


 

相澤悠太の事件現場はどこ?

2018年9月19日午前4時に、仙台宮城野区新田2丁目の東仙台交番に1人の大学生が訪れて1人が巡査部長が亡くなった事件

これはひどいですよね。

犯人は、朝4時に落とし物があるということで対応してくれた清野巡査長の胸や腹などを数箇所刺し、病院に搬送されたときには亡くなっていたようです。

以前にも、富山で同じように交番で警察官を殺害した事件も思い出してしまいます。

犯人の顔写真も公開されているのですが、見た目の印象ではとても事件を犯すような雰囲気もないので驚きました。

相澤悠太の大学はどこ?

近くに住む21歳大学生ということが報じられていますが、果たしてどこの大学なのか調査してみると、

東北学院大学文学部3年生歴史学を専攻していたようですね。

偏差値を調べてみると53~60くらいということなので、それほど高いというわけでもなさそうです。

事件があった宮城野区新田から大学までの距離は電車を使って40分ほどの距離にあるようですし、地元で近い大学を選んだのだろうと思いますね。

広告


【地図】相澤悠太の犯行現場から自宅までは近い

また、自宅近くの交番を襲ったということで調べてみると、すでに自宅について画像もニュースで紹介されており、住所も特定されています。

自宅から犯行現場までは、googleMapで歩いて分ほどです。

実家で長年暮らしている考えられますが、おそらく東仙台中学校に通っていたと考えられますし、小さい頃から通学する時に見ている交番だった可能性が高いですね。

相澤悠太の性格は?

ニュースでインタビューした方によると、性格が真面目で明るくはなくおとなしい子だったようです。

また、1人でいることが多く小声で何かを喋っている感じの子だったようですね。

友達とかつるむ感じではないところを見ると、もしかしたらイジメとかあっていた可能性もでてくるんではないでしょうか。

相澤悠太の生い立ちは?

生い立ちについて過去に何があったのか、小さい頃の闇が犯行を引き起こした原因ではないかと思ってしまいます。

今の所、相澤容疑者がどんな育ち方をしてきたのかはわかっていません。

家族構成は、弟と4人で暮らしていたということ家の画像を見ると、結構広い庭と大きい家と車があります。

1人部屋もありそうですし、割と裕福な家で育てられたのだと想像できます。

また、親戚の80歳の女性によると「以前、お正月にお年玉をあげたときには「ありがとう」とお礼を言いに来るなど礼儀正しくおとなしい印象」だったそうですね。

裕福で、親の教育も良さそうですし事件を起こすような何か大きな出来事があったのかもしれません。

広告


相澤悠太の犯行動機が気になる

亡くなった巡査は2013年から勤務しているということがわかっているので約5年ほどこの交番にいたのかもしれませんよね。

となると、21歳-5歳で16歳となると相澤容疑者が高校生になるかならないかの時だった時に接触していたのでしょう。

事件の動機については、真相を知る手段も無くなってしまったわけですし、これから明らかになっていくと思います。

あくまでも、僕の仮説なのですがおとなしい性格というのがちょっと気になっています。

もしかしたら、中学生の時にイジメにあっていて交番のおまわりさんが目の前にいるのに助けてくれなかったとか過去にあったのかもしれません。

少し前に、富山で起こった交番を襲った事件の模倣とも言われていますが、わざわざ交番を襲うということを考えると富山の事件をきっかけに過去の恨みを晴らしたとかそういう理由なのかもしれませんね。

【動画】相澤容疑者の報道

まとめ

今回は、相澤悠太容疑者について書いてみました。

生い立ちや犯行動機は気になりますが、どうして事件を起こしてしまったのでしょうか。

真面目な人だと思っていた人が事件を起こすってよくあることですが、気をつけなければいけませんね。

広告