年末と言えば、ダウンタウンのガキの使いで「絶対に笑ってはいけないシリーズ」が面白いですよね。

どうやら2018年の撮影もされていたようで、ロケバス目撃情報が出ています。

今回は、2018年テーマロケ地の場所などをまとめてみますね。

広告


 

笑ってはいけないのバスが目撃情報は?

年末は家でテレビを見ながらまったり過ごす方も多いのではないでしょうか?

僕は、笑ってはいけないシリーズを見て過ごすのが定番なのですが、どうやらネット上ですでにバスの目撃情報が出ています。

どうやら、千葉県ですれ違ったという方がいるようで、早くもバスが発見されたようです。

昨年の2017年は、絶対に笑ってはいけないアメリカンポリスでしたが今回のテーマもちょっと変わった職業のようですね。

【Twitter】笑ってはいけないの目撃情報

【画像】笑ってはいけない2018のテーマは?

バスの後方も撮影されており、「ヘイポー財団法人 お豆考古学研究所」が行き先のようですね。

タイトルは、「絶対に笑ってはいけない考古学研究所24時」とのことです。

すでに浜田雅功さんのツイートでもネタバレされていますね。

考古学ということは、インディージョーンズのイメージなので丸い大玉とか爆発系が多いのではないかと予想します。

また、探検隊みたいなことをするとしたら藤岡弘さんや宮川大輔さんがゲストとして呼ばれてそうですね。

広告


笑ってはいけない2018年のロケ地はどこ?

目撃された情報からわかったのが、”千葉県勝浦市“で撮影されたということですね。

つくばナンバーのバスを使っているため茨城県のバスのようですね。

撮影日は、バスが目撃されたのが11月5日のため

11月6日~8日の間ではないかと思われます。

ロケ場所で使用されたのが「千葉県勝浦市立北中学校」のようです。

勝浦市立北中学校は、2017年に勝浦中学校との統合に伴い閉校していることや昨年のアメリカンポリスでもロケ地として使われていますね。

ということで、休校させて使用したということではなく利用しやすい場所のようです。

ロケ地の地図や住所は?

住所:千葉県勝浦市小羽戸58-2

まとめ

今回は、笑ってはいけない2018のバスの目撃情報について書いてみました。

どうやら、考古学がテーマということで楽しみですね。

きっと今年も爆笑だと思いますね。

広告