北海道札幌市の爆発事件がひどいですよね。

原因は、店長と従業員による新品のスプレー缶処分ということがわかりました。

スプレー缶は「heyash(ヘヤッシュ)」と呼ばれているのですが消臭抗菌代としては高すぎますし、ぼったくりすぎますよね。

今回は、スプレー缶の効能原価についてまとめてみます。

広告


 

北海道札幌市の爆発事件がひどい

2018年12月16日に、北海道札幌市で不動産仲介会社の店舗が爆発した事件が発生しましたね。

重軽傷者42名ということで店舗は崩壊し、隣接する居酒屋もかなり被害を負いました。

12月18日には、爆発アパマン社長こと佐藤大生社長が会見を開いていましたが、日本語がめちゃくちゃだと話題になっていました。

【爆発アパマン事件】消臭抗菌代が高い!

店舗貸出する際にクリーニングを頼むのは業者が行ってくれますよね。

アパマンショップだけでなく他の店舗でも消臭抗菌代として1万円から1万5000円ほどかかってかなり高額だと感じます。

今回の、アパマンショップ事件により判明したのがスプレー缶の在庫処分ということで実際には消臭スプレーが行われていないこともかなりあったようですね。

現場でスプレー缶を使ったという証拠を撮影するわけでもないので、消臭抗菌を行ったかどうかは業者の証言だけになっているのが現状のようです。

1万5000円も掛けているのにやっていないなんて信じられないですし、ましてやスプレーだけだなんて、借りる人のことを考えていなさすぎます!

1万5000円支払わせておいて、社員がスプレーするだけって手間賃としても高すぎるし、それならいっその事やらなくてもいいから値段を下げてほしいです。

アパマンショップで使われていたスプレーなんですがheyash(ヘヤッシュ)という商品のようですね。

広告


heyashの効能や原価は?スプレーだけでぼったくりすぎ

消臭抗菌代として使われていたheyashなんですが、スプレーを部屋にセットして放置しているだけで部屋の匂いを植物由来の成分で生まれ変わったような状態にしてくれるようです。

ただ、爆発が起きるということは引火性がある商品だということもわかりましたし取扱も注意が必要ですよね。

この商品は一般販売がないため、同じような商品で価格を比較してみました。

一般的に出回っているのが、バルサンアースレッドですね。

価格について調べてみると1400円から2000円くらいで購入することができるとわかりました。

となると、15000円-2000円=13000円

 

消臭抗菌代だけでもかなりの利益が上がりますし、ボッタクリすぎますよね。

むしろ、業者にお願いしたということで店舗貸出していると思うのでお客さんからしても「値段こんなものか」と納得してしまうと思います。

実際は、2000円のスプレーで楽して設けていたと考えるとかなり悪徳だなあと感じてしまいますね。

さらに、スプレーすらやらないということで在庫処分という形で証拠を隠滅ってひどい会社があったとは驚きです。

こういう店舗だとわかったら、借りる側も違う仲介会社に行きたくなりますね。

 

【第2類医薬品】アース製薬 アースレッドW 6-8畳 10GX3個

価格:1,379円
(2018/12/18 23:42時点)
感想(0件)

【第2類医薬品】《ライオン》 バルサン 24~32畳用(80g) (くん煙剤)

価格:1,470円
(2018/12/18 23:42時点)
感想(0件)

まとめ

今回は、北海道のアパマン爆発事件について書いてみました。

まさかスプレー缶だけで消臭抗菌代を取っていたとは驚きですし、さらにやらなかったことを考えると爆発して真実が公表されて

きちんと処分を受けてほしいですよね。

広告


【爆発アパマン事件】消臭抗菌代が高い!スプレーだけでぼったくりすぎ