滝沢カレンの天然はわざと?日本語は昔からおかしい?原因のエピソードは?

モデルやバラエティ番組で活躍されている滝沢カレン(たきざわかれん)さん。

天然発言がおかしくて笑ってしまうのですが、昔から日本語がおかしかったのでしょうか?

  • もしかして天然はわざとなのか?
  • それとも昔は日本語がちゃんとしてよかったのか?

原因などで検証してみたいと思います。

広告

滝沢カレンが天然で日本語がおかしい

滝沢カレンさんは、日本人の母親とウクライナの父親の間に生まれたハーフなんですよね。

2015年頃からバラエティ番組に頻繁に登場し、おかしい日本語を使うということからお茶の間の人気者になっています。

ハーフタレントさんと言えば、個性的な人が多いイメージですが滝沢カレンさんの場合はカタコトの日本語ということではなく天然なんですよね。

ハーフで美人モデルさんの印象って、しっかりしているイメージがある中で、何を言うのかわからないし、放送事故ギリギリを攻めている感じの発想力がすごくて笑ってしまいます。

滝沢カレンの天然はわざと?

滝沢カレンさんの日本語について天然だけど、わざとなんではないか?という疑惑がありますよね。

ウクライナの父親がいるということなので調べてみると、滝沢カレンさんがお腹の中にいる時に両親が離婚しています。

そのため、ウクライナで育ったため日本語を変に覚えたということではないんですよね。

どうやら、感覚性失語症(かんかくせいしつごしょう)という病気ではないかと言われています。

感覚性失語症は、主に言葉の意味を理解することができない障害のことなのですが、滝沢カレンさんはこの病気に該当するのでしょうか?

実は、滝沢カレンさんの日本語が変になったことに関わっているのが母親のさゆりさんなのですが「行列のできる法律相談所」で原因について語っています。

そのため、感覚性失語症ではなさそうですね。

広告

滝沢カレンの日本語は昔からおかしかった?原因は?

お母さんのさゆりさん、ロシア語の通訳として働いています。

滝沢カレンさんが幼いときには、周りに日本語が断片的なロシア人ばかりだったようです。

子供が言語を習得するのは、1歳から3歳までの間の環境が関わってくるようですね。

滝沢カレンさんが生まれてからは、仕事詰めだったと思いますし大切な言葉を覚える期間にロシア人が使う日本語で覚えてしまったのでしょう。

【動画】滝沢カレンの日本語

まとめ

今回は、滝沢カレンさんの日本語について書いてみました。

どうやら、日本語がおかしくなったのは小さい頃の環境にあったのではないかと思いますね。

ただ、個人的には見ていた面白いですし発想力がすごくて大好きですね。

これからも応援したいと思います。

広告