相葉雅紀さん主演の『貴族探偵』2話が放送されましたね。
前回も笑える内容だったため、今回も面白いと予想されます。
今回は、『貴族探偵』2話の感想と展開予想について書いていきますね。

広告

『貴族探偵』2話のあらすじ

山奥にあるミステリー作家厄神春柾(大和田伸也)の家に高徳愛香(武井咲)が招待されます。

ですが、山道を走行中に日岡美咲(紺野まひる)が運転する車の前に大きな石が落ち来て、道が塞がれてしまいます。すると、そこに貴族探偵が優雅にお茶をして登場しますね。

貴族探偵は、石を落とした方に文句を言いに行くため、厄神宅に土足で上がり込むと書斎に厄神本人が殺害されている現場を発見します。事件については、高徳と貴族探偵の推理勝負をしたところ、またもや貴族探偵が勝利してしまいますね。

『貴族探偵』2話の感想

どうやら今回は、メイドの田中さんが推理する番ということで登場が多かったですし、口癖の『出過ぎた真似を…』の出現回数が多いのが印象的です。
前回同様に、推理再現VTRや田中さんのまとめが凝りすぎていてウケましたね(^^)。

特に田中さんのまとめなんですが、ニュース番組のテロップをめくる方式になっているし、振り向いたらボードがいきなり消えてしまうということの方が、事件よりも謎すぎなんですよね。

そして、今回も武井咲さんの驚き顔について『まるで発情期に恋人を奪われたマンドリル』という表現がクセがすごくて爆笑しです!!

貴族探偵(相葉雅紀)の出番が少ない

貴族探偵は、使用人を使って捜査をするということですし、相葉さんが主役なのに最後の推理や所々女性と関わるシーンでしか登場しないんですよね。貴族探偵曰く『田中という道具を使っている私と勝負している』ということらしいです。

貴族探偵のすごいところは、事件のヒントとなることについていち早く見つけているのがですがおそらく、能力なのかもしれませんね。

貴族探偵 [ 麻耶雄嵩 ]

価格:712円
(2017/4/25 00:55時点)

推理自体は、使用人がしますし『推理は雑務』という発言についてもなんとなくですが、事件を解決することだけが探偵じゃないんだなあと感じます。高徳さんが淡々と間違った推理をして犯人でない人を傷つけてしまっているのに対して、貴族探偵は犯人に対しても優しく接しているのがかっこいいなあと思いますね。

よくある冤罪で苦しんでいる人もいるなか、決めつけていないですし、推理が雑務だというのもなんとなくわかる気がします。やはり、大切なのは真実を導き出すことよりも人の心を救うことなのかもしれませんね。

広告

発情期に恋人を奪われたマンドリルの顔とは

熱帯地方に生息する現地では、人に近いサルということで敬われています。
毎回、癖がすごい表現が面白いですが、発情期に恋人を奪われたマンドリルという表現が面白いですよね。この顔のマンドリルがショックで悲しんでいると思うと悲しいようなでも鼻が萎れているようなイメージです。

『貴族探偵』展開予想

次回は、女子高生役で橋本環奈が出演します。制服姿がかわいいですし、まさに天使すぎる女子高生って役がぴったりだと思います。

おそらく推理の担当も山本→田中と来たので、佐藤の推理になるだろうと予想されますね。佐藤といえば、鼻が利きVTR作成を担当していることですしどんな推理をしてくれるのか楽しみです。

まとめ『貴族探偵』2話

今回は、『貴族探偵』2話の感想について書いてみました。
使用人の能力が面白いですし、推理以外も笑えて面白いですよね。
次回も視聴したいと思います。

貴族探偵の記事一覧はこちら

広告