ナイキのシューズは壊れやすい?世間のイメージや工場はどこ?

アメリカのバスケットボール選手のザイオン・ウィリアム選手が履いていていたナイキのシューズが壊れて事件が発生しましたよね。

ナイキはすごい有名なメーカーですし試合開始後すぐに壊れるなんて不思議に感じます。

そこで今回は、

  • ナイキのシューズが試合中に壊れ?
  • ナイキのシューズは壊れやすい?世間のイメージは?
  • ナイキはどこの工場で作れれている
  • ナイキの工場は賃金が安い?

ということについて調査してまとめてみますね。

広告

ナイキのシューズが試合中に壊れる?

2019年2月20日に行われたプロバスケットボールの試合中にアクシデントが発生しましたね。

デューク大学1年生で、ドラフト1位候補にもなっているスーパスターのザイオン・ウィリアム選手が試合中にシューズの底が剥がれて膝を負傷されています。

試合開始後わずか36秒で破れたようで、シューズを見て見るとソール(靴底)とアッパー(側面全体)がベロンと剥がれ落ちていることがわかります。

シューズを見た所、ボロボロになるまで使用しているという感じがしないことを考えると、縫い目が甘かったのかもしれませんし、工場で生産した段階でおかしかったのかもしれません。

【動画】ナイキのシューズが試合中に壊れる

ナイキのシューズは壊れやすい?世間のナイキへのイメージは?

ザイオン選手の騒動から、ナイキの株価が約1%も下落し1120億円の損失となっているようで関心を集めています。

試合中だけでなく、日常生活でもナイキのシューズを履いている方をよくみますよね。

歩いていてすぐに壊れるようであれば、ちょっと購入したくなくなります。

一般的には、ナイキに対してどんなイメージがあるのか調査してみたところ、どうやら他のメーカーに比べて壊れやすいという印象が強いようですね。

sns

NIKEのバッシュの件。私が現役時代からNIKEは壊れやすいって有名だったのよ

sns

ナイキのシューズ好きで沢山持ってるんだけど、確かに他社製品と比べると壊れやすいって思ってたんだ…

sns

ナイキのバッシュが壊れやすいなんて高1の時に実証済みですよ?

みんな壊れやすいのを知った上でデザインで選んだりしてます

sns

個人的にはナイキは別に壊れやすい靴とは思わないけどな

ただザイオンみたいな選手達が規格外な負荷をずっと靴にかけてたから壊れたんだと思う

sns

ナイキのシューズが壊れやすいのは10年前から変わらん

意見を見てみると、壊れやすいのは確かなようですが、ザイオンさんのようなプロの選手の場合は、シューズが耐えられないのも無理ないかもしれません。

ザイオンさんのプロフィールを拝見すると、身長201cmで体重が129kgですし、一般人の倍以上の負荷がシューズにかかることが予想されます。

kazekaze

それでも、他の選手でこんなハプニングみたことがないですし、生産元に何か問題ありそうですね。

ナイキのシューズはどこで作られている?

ナイキのシューズの生産は、年々変わってきているようです。

ナイキの生産については、人件費の安さから中国かベトナムがほとんどを締めていますね。

日本が人件費が安かった時は、生産していたようですが、韓国や台湾、フィリピン、タイ、マレーシア、香港と移行して1981年ころから中国で生産されるようになったようです。

  • 2001年:中国40%、ベトナム13%
  • 2005年:中国36%、ベトナム26%
  • 2009年:中国36%、ベトナム36%
  • 2011年:中国34%、ベトナム37%
  • 2017年:中国19%、ベトナム37%、インドネシア19%

引用元:Recordchina.co.jp

現在は、中国の人件費が高騰しているとういことからベトナムでの生産の比重が移っています。

ナイキのホームページに、ナイキの生産マップというサイト情報が掲載されており、現在527店舗も工場が掲載されていますね。

ナイキの生産マップ

広告

ナイキの工場は賃金が安い?

どうやら、ナイキの海外労働者での低賃金や長時間労働、労働環境などが問題となっています。

ナイキは、資本主義企業ではなくハイパー資本主義企業だと言われていることが話題となっていますね。

ナイキの工場で働く女性が「Just Do It,$0.23 per hour」というスローガンを宣言されているようです。

時給23セントで働け!

という意味なります。

「1セント=1円」という考えでいいらしく、時給23円ってやばいですよね。

確かに物価違いがあるのかもしれませんが、わかりやすく現地のミネラルウォーターの値段を調査してみると

ミネラルウォーターが500mlで10000ドン(約50円)なのだそうです。

これじゃあボイコットが起こっても仕方ないですよね。

【動画】ナイキでボイコット?

時給23セントというのは本当なのか調査した記事があったのですが、返答がなかったようです。

中国で賃金が上昇したことから、ベトナムなどの安い賃金で生産するというようになったようで、ナイキに対するボイコットの動画も話題になっていたようです。

これじゃあ、ナイキのシューズが壊れるのも納得してしまいます。

生産する方も、ボイコットしたくなりますし、壊れやすいものが出回ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

まとめ

今回は、ナイキのシューズが試合中に壊れた事件について書いてみました。

調査してみると、ナイキの労働環境にも何か関係がありそうな情報がわかりましたね。

ちゃんとした製品が出回ってほしいですが、一方で生産する方たちの労働環境も改善してほしいですね。

広告