幸せ!ボンビーガール元キャバ嬢のシングルマザーがパリで社交界デビューを果たしました。

貧乏なシングルマザーがパリの社交界に参加するというシンデレラストーリーに感動してしまいましたね。

そこで今回は、シンデレラガールとなった逢澤志穂さんについて書いてみますね。

広告


 

ボンビーガールに出演していた元キャバ嬢のシングルマザーとは?

歌舞伎町の元キャバ嬢のシングルマザーがパリの社交界に招待されます。

逢澤志穂(あいざわしほ)さんという方なのですが、ものすごく素直な方なんですよね。

今は、逢澤侑未(あいざわゆうみ)さんという娘さんと暮らしています。

逢澤志穂のプロフィール

名前:逢澤志穂(あいざわしほ)

生年月日:1986年5月24日

出身:静岡県御殿場市

学歴:三島高等学校中退

 

元々は、歌舞伎町で№1キャバ嬢として活動されていました。

子供の頃は、父親の会社が倒産するなどで生活が不安定だったこともあり中学生のころに家出を繰り返して生活されていたようです。

高校も3ヶ月で退学するなどで18歳からキャバ嬢として働きはじめました。

今は、娘のために田舎で暮らしたいと考えるようになり実家の静岡に帰って農業を始めています。

広告


逢澤志穂の農業がすごい

実家は、築70年のボロボロの空き家なのですが、宿泊施設のリフォームもこなしながら野菜を育てたり、にわとりを育てたりなどをして暮らしています。

ただ、農業だけでは生活できないということで夜にキャバ嬢の仕事を兼業しているため睡眠時間が3時間とすごい少ないんです。

それでも文句を言うことなく、同時に家事をこなしながら侑未ちゃんを育てています。

元キャバ嬢のシンデレラガールが感動

2019年2月26日に放送されたボンビーガールで、逢澤志穂さんがパリに行くことになりました。

どうやら、パリで開かれる舞踏会にシンデレラのような方を招くということで逢澤さんが選ばれました。

主催者のコンセプトとしては本来、宝石はお金持ちがお金持ちに渡すものだとされていたのですが、頑張っている人にも渡してもいいのではないかということでシンデレラを招待されたようですね。

この舞踏会は、エリザベス女王やユマ・サーマンなどのセレブが招待されるといことでパリに行くまでにお肌のケアやマナーなどを覚えるのが大変そうでしたね。

セレブは、指先まで見るということで普段の生活で食器を洗う際にビニール手袋をしたりパックなどの努力をされていました。

そして迎えたのパリでは、セレブのメイクをした姿を披露されていましたね。

逢澤志穂さんのメイクがかわいい!

パリにつくと、メイクや総額5000万円もする宝石を着用することができて驚いていましたね。

髪は、ウィッグで済ませていたのですがすごく見違えるほど綺麗になっていました。

逢澤さんは、すっぴんでも全然肌が荒れている感じもないですがセレブのメイクをすると他のセレブに負けないくらい綺麗になっていて驚きましたね。

最後に娘さんをサプライズでパリによんでいたことには感動してしまいました。

逢澤志穂さんは、自分が輝いている姿を娘さんに見せたいと思っていたので最後のサプライズに思わず泣いてしまいました。

夢は夢で終わらせないように頑張ったほうがいいのだと感じましたし、素敵な親子で幸せそうだなあと感じましたね。

 

【動画】シンデレラマザーに感動

まとめ

今回は、ボンビーガールのシンデレラマザーについて書いてみました。

貧乏でも頑張っている姿は感動的でしたし、努力すれば人間て変わることができるのだなあと感じましたね。

素敵な親子でしたし、応援したいですね。

広告