【働くママはオス?】Domaniの編集長は女性って本当?

2019年2月28日に発売された小学館「Domani(ドマーニ)」の広告について女性蔑視だという意見で炎上しているようです。

広告には、「ニッポンのワーキングマザーはかっこいい!」「働くママは結局中身がオスである」などの広告についてが時代遅れであると指摘されているようでうすね。

この広告掲載を見て、男子編集長が作ったのかと思いきや実は女性編集長ではないかというウワサがあるのは本当なのでしょうか?

広告


【働くママはオス?】Domaniの広告が炎上

2019年2月28日に発売された女性誌「Domani(ドマーニ)」の広告についてインターネット上で創作者の意志の低さと古さを感じるという批判があったようです。

広告を見てみると

  • 今さらモテても迷惑なだけ。
  • 忙しくても、ママ感出してかない!
  • 中途半端なイクメン気どりなら、みしろワンオペの方が100倍楽。
  • ママに見えないが最高のほめ言葉♡
  • ちょっと不良なママでごめんね
  • 助手席じゃなくて運転席の女でいたい
  • 「えっ!?お子さんいらっしゃるんですか!?」
  • ママは天使じゃない!?
  • ニッポンのワーキングマザーはかっこいい!
  • ○○ちゃんのママ。、本日、休業中。
  • 正直、ママ友同士のつきあいが苦手
  • 働く女は、結局中身、オスである。

などが広告に記載されています。

つまりは、働いているバリキャリウーマンをターゲットにした広告なのかもしれませんね。

Domaniは、女性向けのファッション雑誌で35歳前後の女性をターゲットにされています。

Domaniにはキッズファッションの掲載がないことや起用されているモデルも未婚や既婚で子供がいないモデルが採用されているんですよね。

過去には、蛯原友里さん、小泉里子さん、里海さん、絵美里さんなどがモデルとして活躍されていました。

その逆で同じ小学館が出しているSAKURAという雑誌に関しては、子持ちの女性をターゲットにキッズファッションの掲載がされています。

 

女性の生き方は、こうでなければいけないみたいなことではなくブランドによってターゲットが違うわけですから、どのブランドを見て、どのブランドを見ないかは自由ではないかと感じます。

今回ネットで炎上しているDomaniの広告については、価値観が多様化してきていると思いますし、ターゲットにしている女性に対して思っているけどいえない本音という感じがしますね。

おそらく、炎上したという理由なのですが直感でこの広告を出したのが男性なのではないか?ということで「女性蔑視」と過剰に反応してしまったのかもしれません。

実は、Domaniの編集長が女性なんですよね。

広告


Domaniの編集長は女性って本当?

実は、Domaniの編集長は、Cancamを歴任してきた女性が担当されています。

2019年2月にリニューアルメッセージにも井亀真紀さんという女性が編集長をされていることがわかります。

決して、男性の偏見で作った広告ということではなく同じ女性でかっこいい女性に対して応援しているのではないでしょうか?

働くママはオス?に対する反応は?

広告に対しては叩かれている方もいるようですが、そうではない意見もたくさんあります。

広告自体に女性差別的な内容が感じられませし、むしろ働く女性に向けて共感できるという意見もあるようです。

まとめ

今回は、domaniの広告について書いてみました。

どうやら、炎上して非難されているようですね。

ただ、ターゲットを絞って宣伝していると思うため、見たい人が見ればいいのではないかなと感じますね。

広告